玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
<< ラテン系仲間〜♪ | TOP | 危険な女 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
クリムト
昨日のアニマックスのアニプリは「手塚の決意」、
とうとう手塚はドイツ行きを決心しました。
以前見た時にも感じたのだけれど、
椅子に座って書類を読む手塚が、
イヤに猫背なのが、やっぱり気になります、
手塚は「猫背」はありえないので。

それはそうと、朝日を見に、レギュラーメンバーに登山を持ちかける大石、
そりゃ〜、突然ですもん、みんなびっくりするわよね〜、
夏場だし近場だったからだと思うけれど、
大石以外は荷物らしい荷物もなしで(そりゃそう、まさか登山だとは思わないから)、
それでも、不二のとりなしもあって、みんな行きましたね〜。
電車の中でのトランプ(きっと、大石が用意していたに違いない)、
ポーカーで手塚がロイヤル・ストレート・フラッシュで勝っていたけれど、
これは「手塚=ポーカーフェイス」って事を言いたいんじゃなかろうねぇ?
それにしても、山頂で朝日を見たみんな、
夜はどこで過ごしたのだろうか?
不二ったら、いつのまにかカメラ用意してるし・・・
どうでもいい事がすごく気になる話でした。(笑)

しかしこの後、手塚の爆弾発言が。
みんな、「関東大会は勝ちあがっていけるんだろうか?」って、
不安が渦巻きますよね、
今は結果を知っているので笑って見ていられますが、
本人達はパニックだったと思いますよ〜、
全国大会に進めないと、手塚の中学時代のテニスはこれで終わり、ってことにもなりますからね。
手塚が、テニスの力だけでなく、みんなの心の支えにもなっていることを、
改めて確認できた話でしたね。

さぁ、来週は、手塚が越前に・・・
「次回予告」は、手塚でしたよ〜♪

さてさて今日は、朝っぱらから映画を見てきたんです、
ちょっと大きな仕事が一段落したので、自分へのご褒美ということで〜、
モーニング割引がきく初回に行きました。
何の映画かというと、「クリムト」です、
昨年秋の「藝術新潮」でちょこっと紹介されていたので、
気になってはいたのだけれど、
こんな田舎町ではやらないだろうな〜と思ってました。
そうしたら、意外にも二週間限定で(今日まで)公開されたの、
実は、ウチの市の美術館とタイアップしていたらしい
(美術館の割引券がもらえました〜♪)。
ウチの市は田舎だけれど今はわりと景気がよく、
しかも転勤族だからわかるのだけれど、住民税が高い。
なので財政は潤っているらしく、
市立美術館にはクリムトもあれば、ダリもあるのよ!
その関係で、「クリムト」の映画も見られたんだと思います。
(高い税金払ってるんだから、恩恵に浴さなくては・・・)

肝心の映画ですが、これはクリムトの人生を語ったドキュメントでもなければ、
クリムトの絵の世界を表現した、絢爛豪華な話でもないです、
19世紀末〜20世紀初頭のウィーンを舞台にして、
死の床にあるクリムトの、走馬灯のように駆け巡る回想を軸に、
現実と幻想の間に迷い込むような、ラビリンス的な映画です。
だから、思ったほどキラキラしくもなく、
それにPG12の指定はありましたが、
それは素材がクリムトなので、全裸の女性(主に絵のモデル)がウロウロしたためじゃないかな、
露骨な性表現はなくて、卑猥さは皆無と言っていいくらいでした。

この映画はかなり好き嫌いが別れると思います、
私はこんな、ちょっぴりわけのわからない(笑)タイプの映画も嫌いじゃないので、
(だって、映画じゃないと、こういう表現ってしにくいんじゃない?)
それなりに楽しめましたが、
皆様にお勧め〜、とは言えないかも、興味があれば、DVDでいいと思います。
でもね、その時代のウィーンの、退廃的な感じとか、
衣裳やインテリア(特に公爵の部屋!)など、
一見の価値アリかも、ですよ〜☆

ジョン・マルコヴィッチがクリムトの役でした、
これはふむふむ・・・という感じですが、
何より、エゴン・シーレ役のニコライ・キンスキーが、
(ええ、もちろん、クラウス・キンスキーの息子で、
ナスターシャ・キンスキーの弟です)
ものすごくエゴン・シーレだと思いました〜!

うぇ〜ん、風邪ひいてしまいました、
夕方、オルガンの練習から戻った頃から、
頭はガンガン、悪寒がして、鼻水ズルズル・・・です、
映画館じゃないと思うの、3人しかいなかったから。
メールも戴いているのだけれど(ありがと〜♪)、
ゴメンなさい、お返事は明日以降にさせてくださいませ、
皆様もお気をつけて!!
21:19 | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
21:19 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://tamakusige.jugem.jp/trackback/454
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--