玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
恐怖の車掌さん

 ところで、
「テニスの王子様 完全版
Season1 全12巻」
って何なんでしょう???
「愛蔵版コミックス」とあって、
「テニプリ」がカラーで再現され、
描き下ろし巻末カラー「裏テニスの王子様」がつき、
ドレス・スリーブケースつき、ということだけど、
う〜、すでにコミックスを全巻持ってるぬかきみが、
各1,000円も払って買うものだろうか???
もちろん、カラー版はほしくてたまりませんが・・・
(そりゃ〜、高架下の戦いや頂上対決は、
カラーで見たいですわよ!)

それも、42巻全部が12巻にまとまってしまうというわけじゃなく、
(それなら各巻1,000円でも仕方ないかも、とも思うけど)、
「全12巻」は「Season1」だからねぇ・・・
う゛〜〜〜、悩みます〜〜〜、
これは「ペアプリ」Vol.5が3月に出て、
その後4月からの刊行開始だそうです、
まぁ、実物を見てから考えることになりそうですね・・・


ところで、やった〜、やっとです、
昨年末見逃していた「ミラクル☆トレイン」の最終話(第13話)を、
「アニメワン」で見ることができましたわ〜☆
(16日まで無料配信されています)

都庁さんと新宿さん、
案外、仲良しだったのですね〜、
大きくなったあかりちゃんを見ての、二人のリアクションが、
特におかしかったです、
新宿さん、カワイイじゃないの〜♪

それと、いつもは温厚な感じの月島が静かな憤りを見せたのはよかった、
やっぱり、めったに怒らないような人が静かに怒っているのは、
迫力もあるし、
怒った月島もきれいですよね〜♪
手塚も本気で怒ることは少ないけれど、
怒ったら本当に怖いと思うし、しかもきれい〜☆

それにしても・・・
こんな結末になるとは〜。
確かにあの時計が何か、カギとなっているらしいことは、
最初の暴走の時にも感じましたが、
よく、これだけの話をうまく収束させたな〜と感心しました、
というか、OPの中に覚醒前の六本木君の絵が出てきているということは、
最初からこうなるような構想が、
ある程度設定されていたということでしょうね、
う〜む、最初はイケメンによる他愛ない「お悩み解決」話だとばっかり思っていたのに、
「ミラトレ」、侮れません!

それと、最後に何事もなかったようにミラクル☆トレインが運行しますよね、
駅たちは車掌さんに対してあれだけ不信感を抱いたはずなのに、
どうしてまた何のわだかまりもないみたいにしていられるのだろう?
もしかして車掌さんのあの「ビーム」は
車掌さんにとって都合の悪い記憶は消し去ることができるというものなんでしょうかね?
だとすると車掌さん、底知れず怖いですし、
最後の駅たちの笑顔が、また恐ろしくも感じられました、
とくがわはかわいかったけれども。

それにしても最後の、
六本木君とあかりちゃんのところ、ほろりとしました。

もしもこの放送がホントに最後なら、
飯田橋や大門さんにもまた出てきてほしかったな・・・


「龍馬伝」、ご覧になってますか?
ぬかきみ、仁王の言葉の参考にしようと思って見てます。(笑)

続きを読む >>
20:23 | 八重葎78.ガニュメデス | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark
とりあえず・・・
 す、すみません、
今夜は日記の更新ができそうにない感じになってきたので、
とりあえず連載だけ、
今日の分をUPしておきますね♪
続きを読む >>
13:35 | 八重葎78.ガニュメデス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
城田優増殖プロジェクト?

 ふへ〜っ、お正月明けの怒涛の仕事ラッシュ、
ひとまず一段落しました、
でもまた来週から本格的に忙しくなるので、今のうちに、というわけで、
今までに頂戴していたメッセージや年賀状へのお返事も、
やっと着手しました、
遅々になってごめんなさい〜〜〜!(大汗)
さらに、忙しいとその反動で、くだらない妄想が暴走してしまいます、
なので、勢いだけで話も書いてしまいました、
ええ、昨日の日記でちらっと書いたガニュメデスの話が、
勝手にふくらんでしまったです、
なので、ご想像どおり、ギャグです、多分。
しかも、くだらない話なので「短い話」にするつもりだったのに、
妙に力が入って、連載になってしまいました、
お暇な方は、日記の最後の「続きを読む」よりどうぞ・・・


それで、やっと聴けました、
お正月第1回の「城田優のオールナイト・ニッポン」☆

「あけまして、おめでとうございます!」
で始まった今回の「城田優のANN」です、
(今回の放送はモチロン収録でしたが)
前にも言ったけれども、
サインの時とかについ「20010年」になってしまう、
「笑いと感動とエ□」をみなさんに提供したい、という城田君です♪

紅白は・・・緊張しますよ、ということですが、
(ええ、感想は言えません。笑)
いつかは「出る側」、それも、
EXILEの後ろ、とかじゃなく、
(そう言えばこの前の紅白、特に最初の方、
ステージから人があふれそうじゃありませんでした?
EXILEも、あんなに人が多かった???)
前に出ていきたい、
そのためにも「城田もっと頂戴!」って、
メールとかをいただけると嬉しいな、
「城田優を増殖させよう」
を、今年は目標にするそうです、
今年こそは、CDも出せるといいな、ということでした、
そうして今年最後のANNでは、「今年もいろいろあったな」と振り返りたいそうです。

それで、城田君に年賀状もたくさん届いているようでしたが、
その紹介があり、
城田君のファンには、20代のお子さんをお持ちの方もいらっしゃることがわかりました、
うわ〜い、
ぬかきみの近くにはそんなお仲間はいらっしゃらないのだけれど、
(なので、さびしい)
何か、すっごく勇気づけられました!(笑)

それと、「ドコモダケ」のキャンペーンのコーナーで、
大学の心理学科を目指している方からのお便りがあったのだけど、
城田君も、いつかは大学に行ければ行きたいな、って思ってたりするんですって、
それで、大学に行ったら心理学に興味があるそうです、
いいんじゃない?
ガンバレ〜☆

そう言えばぬかきみの大学時代、
ぬかきみ自身は日本文学科だったんだけど、
友人に心理学科の子がいて、
卒論研究のために実験をしたいから、被験者になってほしいと頼まれて、
テストを受けたことがあります。
詳しい結果とかは教えてくれなかったんだけど、
「あはは〜、やっぱり正直やね〜!!」
って爆笑されたのを思い出しました。
ちょっとフクザツではあるものの、研究のお役には立てたみたい、
今度は城田君の実験台になってあ・げ・る☆

で、ANNに戻りますが、
「2010年の誓い」もたくさん紹介されて、
その中で、今年は「城田優のANN」は続くと言ってましたよ、
よかったね〜☆

さて今回のゲストは、シンガー・ソングライターの立道聡子さん、
生まれながら目がご不自由でいらっしゃるにもかかわらず、
3歳のお子さんのお母さんとしても頑張っていらっしゃるそうです。
オリジナルの曲もだいたい300曲くらいあるんだって。
ちなみに、城田君は30曲ぐらいだそうです、
立道さんと比べて恥ずかしがってた城田君ですが、
30曲でも、すごいものですよね!

CDデビューなさって、どう変わりましたか、と、
興味しんしんで訊く城田君ですが、
特に感覚は変わらないけれども、
やっぱり声がかかることが増えた、ということです、
もう、放送を聴いてて何より、
城田君がとっても嬉しそうってのが伝わりましたよ〜。(笑)

確かにCDデビューは楽しみです、
ぜひ実現してほしいものです、
それと、今年はまた、
ぬかきみが見に行って浮かないような舞台もあるといいな〜、
ぬかきみが生で城田君見られるのって、
そんな機会がないと難しいし。
だけど今年はまずは、映画「今度は愛妻家」ですね♪
ぬかきみも無理なく行ける映画館での公開予定にはなってるんだけど、
でも、時期とか時間とかまだ「未定」なの、
何とか見に行けるといいのだけれど・・・。

それでは、勢いだけの馬鹿話「ガニュメデス」です、
あ、それで負け組みさんに好きなキャラがいらっしゃる、という方、
手塚至上主義のぬかきみはふざけておりますので、
もし、気を悪くなさったらゴメンなさい!
 

続きを読む >>
23:33 | 八重葎78.ガニュメデス | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--