玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
今後の動向に注目

それで、12月号の「ジャンプSQ」「新テニプリ」では、
仁王がすばらしい、ということを申し上げましたが、
気になるのは仁王のホクロの位置でございます。
仁王のホクロは口の右下だと思ってましたが、
今号のホクロは左下になってるんです、
「あれっ?」って思って、
「新テニプリ」の最初から、
仁王のホクロをチェックしてみました。
(ちなみに、今号でも昔の画像を使ったと思われる、
Golen age18の扉絵では、
ホクロは右のようです。)

Golden age1→右
Golden age3→多分右
Golden age6・7→右
Golden age8→右
Golden age9以降、仁王は脱落してしまっていたので出てこず、
Golden age16ではバスに乗ってましたが、
小さすぎてホクロは確認できず
、です。

なお、例の「放課後の王子様 すすめ!青学探検隊」でも、
仁王のホクロは右下ですから、
やっぱり、仁王のホクロは口の右下、というのがスタンダードになってるはずです、
もしかしたら、もう一人のホクロキャラ跡部様とかぶるから、かもしれませんが、
(跡部様のホクロはご存じのとおり、
右目の下でございます、
チャームポイントは泣きボクロ)
どうやらこれからも出てきてくれそうだし、
今後のホクロの動向に注目です!(笑)


さて昨夜の「城田優のオールナイト・ニッポン」は、
先日のバラエティ番組「メレンゲの気持ち」で「妄想ノート」を紹介して、
城田君ががっつり食い付いたという、
赤井沙希先生をお迎えしての、妄想祭りでございました、
(放送のほとんどが妄想に関する話でした。笑)
先生は妄想することを「もそる」とおっしゃいましたが、
まるで呼吸するように妄想なさるそうです。

今回も新作妄想を三作品紹介してくれましたが、
やっぱりセリフがうまいです〜、尊敬。
妄想するときには、一度声に出して言ってみる、という赤井先生でございました。
(ぬかきみは恥ずかしくて、
声に出して読んだことなどございませぬ。)
ニコガクの先生と新庄の妄想もあり、
新庄の名セリフをつないで作ってくれました、
先生とナイショで付き合ってるというシチュですが、
なかなかよかったです☆
城田君も感心してました。

それで、赤井先生はハグが好き。
上級者は最後までいかず、「そしてハグ」で止まるのだそうです、
そこからまた想像が広がるのがいい、と。
あんまり行き過ぎると「官能小説」みたいになってしまうから、と。
な〜るほど〜、勉強になります!!!
赤井先生は、
「バチスタ・氷室ヴァージョン」も考え中だということです、
うひ〜、楽しみ〜♪

それと、
トキメキ+せつない→最強、だそうです。
なるほどね〜、そうなんです、
「せつない」話を書きたいのにうまくいかないのは、
ぬかきみの場合、性根がふざけてるからだと思います。

赤井先生は、
「城田優のANN」の、妄想コーナーの名誉顧問となられ、
今後も助言や新作の発表も期待できそうですよ、
こちらも今後の動向に注目♪


〈おことわり〉
 ※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。

続きを読む >>
23:38 | 八重葎75・銀狼記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
仁王〜☆

 うわ〜い、入手しました、
「ジャンプSQ」12月号〜☆
明日3日が文化の日で祝日なので、
いつもの一日早い発売がさらにもう一日早まって、
本日買えたというわけです♪

それで、正式の発売日前なので、
例によってネタばれはないように気をつけますが、
でも、ちょっと浮かれちゃってるので、責任持てないかも・・・
念のために反転にします。



まず。
今月号の「新テニプリ」には、手塚は豆粒ほどにも登場しません、
今月号は、「敗者組」の物語だからです。
(ええ、リョーマも金ちゃんも「敗者組」でございます)
ということは、跡部様も基本的には登場なさいません。
白石・幸村・不二などももちろん・・・

しかし。
ぬかきみは今回のお話は好きでした、
いや〜、齋藤至の顔つきがちょっと変わったような印象がありますが、
(今回の方が好き)
それはおいといて。
今回はなかなかいい話ではなかったか、と。

何しろねぇ、海堂と桃城の二人もいいですが、
何よりも仁王ですっ!!!
うわ〜、仁王ファンの方、期待してていいと思いますよ〜、
さっすが、仁王です、
ぬかきみ、キュンキュンしました☆
あ゛あ゛、語りたい〜〜〜。

そ、それでね、またも新しいコーチも出現しますが、
「U−17 裏コーチ」って・・・
この御方には、ぬかきみ、会いたくないなぁ・・・(汗)

 

続きを読む >>
23:31 | 八重葎75・銀狼記 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
ここにホクロがあります・・・

キャ〜ッ!!
昨日(10月31日)の城田君の日記、読みましたか???
内容は城田君らしいかわいらしくて楽しいものでしたが、
最後に「さぁ、油断せずに見よう(笑)」って〜〜〜☆
城田君、有難う、ひさびさの手塚〜♪
ANNでも言ってくれるといいのに。(笑)

それでぬかきみも油断せずに見ました、
「サムライ・ハイスクール」☆
今回も面白かったです〜♪
今回はこのまま大学に進学する道もあるけれど、ミュージシャンにもなりたいというあいちゃんの気持ち、
それと、ネット匿名の書き込み、といった、
より、等身大の高校生に沿った内容だったのではないかと思いました、
実際、ウチの高校生も、ちょっとそれに近い夢を語っています、
ぬかきみんちでは、その夢は壊さないけれども、でも、実現が難しいのも事実、
大学には行ってほしい、そのうえで、自分の希望する道は、
自分の力で切り拓くなら応援する、とは言ってます、
娘も今はそのつもりでいるのだけれども、
もっと大きくなったら、一悶着も二悶着もあるかもしれません・・・

それと書き込み、
ちょっとした軽い気持ちでちょっぴりイジワルなことを書いただけ、のつもりだったのに、
(だって、面と向かって話してる時って、
ちょっと毒のあることを言って笑いあえるって、
案外普通にありますよね?)
それがみるみる悪意の渦を巻き起こす、本当に怖いです〜〜〜、
あいちゃんの「傷ついた!」という叫びは、
この番組を見ているすべての人へのメッセージになったらいいな、と、
心から思いました。

相変わらず、サムライはカッコいいです、
常識ある現代人ならやれないことを、
ガンガンやってくれるでしょ、「胸がすく」とはこのことですよね☆
(しかも、やることが現代の常識的な目から見るとずれていて、
ホントにおもしろい。)
あいちゃんが好意を持つのも無理はないです、
でも、本当の小太郎と中村(!)はそのサムライのおかげで、
二人とも失恋の危機に立たされているとは・・・。
というか、小太郎と中村は、殿と家来の関係でありながら、恋のライバルか〜(笑)

ちなみに今日のタイトルは中村のセリフ、
交番で、行方不明のあいちゃんの特徴をお巡りさんに説明しているところ、
ちなみに、右耳の後ろを指して言ってます、キャッ☆

お父さんもやっぱりいい味を出してるし、
お巡りさんも好き♪(笑)
三木先生も、受験の鬼、と言われていたと思うけど、
なかなかあったかいところがあって、いい先生だな〜♪って思ったです。

それで、中村ですよ☆
もう、何ていちいちかわいいんでしょう♪
初めのほうの、みんなが交番に入っていくシーンで、中村だけつまずいてるし、
教室であいちゃんの動画をみんなが見てる時、
中村も見たいって近づこうとすると突き飛ばされるし。
それで、あのススキをふりふり歩いたり、
(そしてふざけた末に転んでる)
お口を一杯にしたまま、飲み込めなくなっちゃったり、
カワイイところてんこ盛りではありましたが。

でも、中村は、本当はしっかりした芯を持っているんですよね、
ちゃんと看護師になりたいという夢を持っているし、
(ああ、看護されたい・・・笑)
みんながサムライの言動を嗤う時、
中村だけは「望月君が正しいと思う」と、ちゃんと言って、
周囲の思惑に左右されることなく、「殿」について行ける。
中村、がんばれ〜!!!

それにしても。
あそこで雨が降りましたが、
雨に濡れている絵は、やっぱりドキドキしました。(笑)


さて、ハロウィーン話第3弾は、
(ハロウィーンは終わってしまいましたが・・・汗)
書いてるうちに力が入ってしまって長くなったので、
「短い話」に昇格、とは昨日書きましたが、
実は日記に入れてみたら、1回ではとても紹介できないことが判明、
それで、普通の話にまたまた昇格です。(笑)
おひまでしたら「続きを読む」からどうぞ〜、
でもご注意!! 28です。


 ※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。

続きを読む >>
23:01 | 八重葎75・銀狼記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--