玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
わわわ!
 す、すみません、
連載中の「苦悩」は、今日で終わりなんですが、
最後のほうのほんの少しが、
18日付「おのれ、奸物!」の「続きを読む」に入りきらなかったみたいなので、
この先、後ちょこっと残った部分を、
「続きを読む」で。


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。

続きを読む >>
22:52 | 八重葎74.苦悩 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
おのれ、奸物!!

 うふふ〜、「サムライ・ハイスクール」、
見ましたよ、すっごく面白かったです、
あのね、ちょっとドラマののだめちゃんのノリに近いと思った、
テンポが良くて、あり得ないこともたくさんあるけど、
(「刀の錆にしてくれるわ」って、
デッキブラシは錆びません、とか、
いちいちツッコミ入れながら見るのも楽しい♪)
それが独特の明るい世界を作り出していて、
ケラケラ笑いながら見て、見終わった後、
すっきりさわやか、カタルシスを感じましたわ☆

そうそう、世の中には理不尽なことも多い、
けど、「自分ではどうすることもできない」とあきらめるんじゃなくて、
しっかりと立ち向かっていく、
それこそサムライでございますっ!!
(パチパチ!←拍手)
いや、ホントに痛快です、
しかも時代錯誤な感じがまた、すばらしいですね♪

普通の小太郎と、サムライ・モードの小太郎の対比も良かった、
姿勢も顔つきも、全く変わるんだものねぇ、
しかも、サムライ・モードのときに素の小太郎の意識も同居してるというのが、
またいいと思う。
城田君じゃないけど、
サムライ・モードのときは顔がすっと精悍になって、ホントにカッコいい。(笑)

そして、中村っ!!!
もうもう、イライラするほどかわいすぎました、
大きな身体を猫背にして、あの歩く時の手の位置とか、
あの肩掛けカバンとか、黄色い腕時計とか、
地面に這いつくばったときに見える、あの白のソックスとか、
きっとすべてこだわってるんだと思うけど、
もう、いちいち情けなくて、
小太郎が「おぬし、わしの・・・」とか言ってる時の、
中村のリアクションとか、メチャクチャかわいかった☆
城田君は、ホントにこの役を愛し、
少しでもいいものにしようと真剣に取り組んでいるんだな、と感じましたわ♪

中村が、「この人に言われました」と、小太郎を指すところ、
ああ、この子はほんとにかわいそうな子だ、って思った、
で、小太郎も、最初は否定したものの、
それを受け止めてあげましたよね、
うんうん、素の小太郎もえらいと思いましたよ、
だから中村は、最後に先生に「嘘をついてごめんなさい」が言えたんだと思う、
このあたり、ちょっと胸に迫るものがありました。
うんうん、いい話じゃん。

惜しむらくは、
中村をおんぶする小太郎のシーンが、もっとじっくり見たかったです!

それで、中村がちょっとだけ・・・いや、中村的には必死で、
不良たちに立ち向かって行ったじゃありませんか!
(「ワルボロ」の小佐野を思い出した)
そうそう簡単にうまくいくわけないと思うけれども、
サムライ小太郎の家来(笑)になって、
ちょっとずつ変化していったら嬉しいな〜♪

それで、見逃してはならない「次回予告」、
何、あのチョンマゲ!!!(爆笑)
これは絶対に見逃せません〜〜〜☆

それで、小太郎の幼なじみのあいちゃんも、
感じ良かった〜、
こんなさわやかな感じの女の子が好きだな〜、
塔子ちゃんもそうだったけど。

お父さんも、さすがにいい味♪

それとね、担任の数学の三木先生も、
ぬかきみ的に大好きでした。
映画の「ハリポタ」の、マクゴナガル先生に似てない???

それと、「東雲歴史文庫」のあのお姉さんも、ものすごく気になる存在だったんだけど、
実は白状すると、
彼女のセリフ、よくわからなかったの、
話の流れで、こういうことだろうな、というのはわかったけど、
かろうじてわかったのは「恥(はず)っ!」ていうのくらい、
「オニ・・・」というセリフがたくさん出てきたけど、
それがわからなかったのよ、
ぬかきみが若くないということか・・・(涙)

そして、コワいお姉さん、
迫力満点でした、すばらしいっ!!!
で、「コリント人」?
この学校は、キリスト教関係なのかな???

さてこちらの町では今日は、秋のお祭りでした、
お祭りの見物の後、
今度は、市内の小中学生の、美術作品の展示会に回りました、
すべての学校の、すべての子の作品を展示するというのが建前なんだけど、
今年は、息子の中学校はインフルの影響で学級閉鎖が続き、
展示用の作品が出来上がらなかった子が多く、
息子のクラスの作品の展示がなかったのよ・・・毎年楽しみにしてただけに、残念!!!
おのれ、インフルエンザ!

 〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。

続きを読む >>
22:31 | 八重葎74.苦悩 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
天国よいとこ・・・(涙)

 えへえへ、今晩は「サムハイ」を見るために、
こんな時間に日記を更新しております♪

今日は昼間に、「サムライ・ハイスクール」「交渉人」も、
番宣SPが放送されたようですね?
この地方ではありませんでしたが・・・(涙)
でも、いいのだ、
今朝の「ズムサタ」は見たし、
(城田君の制服のジャケットは、わざと短く作ってるんだって、
そんなところにもこだわってるのが嬉しい♪)
何より今晩は、本放送が見られるので〜☆
楽しみにしてます!

それにしてもね、
今日は仕事のことで、ちょっとカチン!とくることがあって、
実は午後は落ち込んでました、
ええ、正直者が馬鹿を見るところのあるシステムなんです。

でも、そういうことは、もちろん是正していく方向での努力は必要だろうけれども、
完全になくなることはないと思うし、
もしも、正直者が馬鹿を見るシステムであったとしても、
きっと手塚は、
自分が正しいと思った方向に進むと思う、

自分に嘘はつけないし、
正しいと思うことをすることが、結局は一番気持ちがいいから。
・・・と考えると、ぬかきみも少しずつ気持ちが晴れてきました、
そう、物理的には損しても、
人がどうしようと、
自分は誠実に仕事していこう、と。

手塚、有難う、
手塚のことが好きでよかった!!!

あ、今日のタイトルは中身と連動してませんが、
このタイトルが「レクイエム」だということです・・・


〈おことわり〉※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。



続きを読む >>
19:22 | 八重葎74.苦悩 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
ホレてまうやろ。

 ええっと、昨日から連載を始めた「苦悩」ですが、
お察しのとおり、眼鏡’sのCD「蝶番」ネタです。
ですが、「蝶番」を聴いていない方には、もしかしたらわかりにくかったかも、
なのでちょっとだけ説明をば。

まず、眼鏡’sのメンバーは把握していない方はいらっしゃらないと思うけれども、
リーダーが忍足で、ほかに手塚と乾がメンバーです。
(だからこれに柳生と木手を加えて、新生・眼鏡’sを結成してほしい、というのが、
ぬかきみの切なる願いです。)
それで「蝶番」の中の眼鏡トークに出てくるのが、
この「手塚ロボ1号君」と、「かけた人が透明になる眼鏡」。
どちらとも乾の発明品で、
このトークの中で、手塚そっくりだけど「ほう。」としか言わない「手塚ロボ1号君」が、
「かけた人が透明になる眼鏡」をかけたまま行方不明になる、というところで、
このトークは終わっているんです。
なので、その後日談として書いたのが、この「苦悩」です。

それにしてもぬかきみの車では、
「蝶番」の後にバッハのオルガン曲が入ってるの、
なので再生していると、
例の「真夏のマヨネーズ」が終わったとたんに壮麗なプレリュードが始まるわけです、
この転換が、聴くたびに笑ってしまうのだ、
そこはかとなくソース焼きそば(マヨネーズ付き)の匂いが漂う真夏の海辺が、
バラ窓から光の差し込む荘厳なカテドラルになってしまうからね。

ところで、今日は「サムライ・ハイスクール」の日テレTVジャックを
ほぼもれなくチェックできたと思うんだけど、
城田君!
春馬君に対して「ホレてまうやろ。」だって、(笑)
それくらいカッコいい、特に殺陣のシーンが、ということだったんだけど、
城田君的には、「ROOKIES」の時の佐藤健君の位置に、
今は春馬君がいるのかな、と思ったのでした♪

それと驚いたのが、
「今までは、コワモテの役が多かった」という話題で、
何と「荒くれknight」の画像が出た〜〜!!!(爆笑)
そうか〜、日テレだから、新庄とかは出せないのか〜、と納得はしたけど、
まさか今ごろ善波を見るとは〜〜〜。
アキもダメだったのかな???

それで、共演の岸谷五朗さんが、城田君のことを紹介してる時と、
(城田君、岸谷さんからかわいがっていただけてるな、という印象を持ちました。)
その後、モノマネをふられたとき、
顔が紅潮していたのが、すっごくかわいらしかったです♪
とにかく、明日からの放送が楽しみです、
願わくば、主人がイヤな顔をしませんように・・・(汗)


ところで、これ、見たい!!↓(冒頭のhははずしています)

ttp://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/

実写映画「かいじゅうたちのいるところ」。
出てくるかいじゅうたちも、絵本を忠実に再現しているようだし、
絵本同様、柔らかな優しい色調になっているのも嬉しいです、
1冊の絵本を映画にするんだから、お話はずっと膨らんでいると思うけれども、
う〜ん、どんな出来なのか。
・・・ただ、思い入れの強い作品が実写映画化されると、あれっ?っていうこともあるしなぁ・・・(汗)


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。


続きを読む >>
23:06 | 八重葎74.苦悩 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark
忍足、お誕生日、おめでとう〜♪

忍足、お誕生日、おめでとう〜♪
大人っぽくて優しい、ちょっとアンニュイな感じのある忍足も、大好きです!

それにしても氷帝は、ホントに素晴らしい学校だわ、
何てステキなキャラにあふれてるのでしょう、と毎年実感するけれど、
忍足もそんなステキ氷帝レギュラーの一人だし、
何といっても眼鏡’sのリーダー☆
もう解散してしまったけれども、今でも残念でなりませんわ。

そんな忍足のお誕生日の話を書いたんだけど・・・
ゴメン、ぬかきみやっぱり跡塚派なので、
それが前提の話になってしまうのよ、
なので、「ハピバの話」としてはか〜な〜り微妙なのだけれども、
もしもおヒマでしたら、「続きを読む」から、どうぞ〜♪

さて、いよいよ明後日(17日)には、
ドラマ「サムライ・ハイスクール」が始まります、
ぬかきみも楽しみにしているのだけれども、
その関係で明日は日テレ系に、城田君、出ずっぱりの予定☆
ぬかきみ、このところ忙しいのだけれども、
それでもできるだけチェックしたいと思っております♪

そう言えば、今日いつもの雑誌を買いに行った最寄りのコンビニ・・・ファ○マなんだけど、
ここでも「ゲロルシュタイナー」を扱い始めました、
城田君の写真の付いた、キャンペーンのネックPOP付き☆
コチラでもCM、やってくれたらいいのに・・・

それにしても残念なのが「ミラクル☆トレイン」、
この地方では今日の深夜の放送なのだけれども、
その時間、娘が他の番組の録画の予約を先にしていて、
録画できないのです・・・(涙)
見られないと思うと、俄然見たくなるのが人情というもの、
来週こそは、録画できるといいんだけれども。


〈おことわり〉 
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。

続きを読む >>
23:07 | 八重葎74.苦悩 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--