玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
手塚、お誕生日おめでとう〜☆

 手塚、お誕生日おめでとう〜〜〜☆

この世に生まれてきてくれて、どうも有り難う!
手塚のことを語り出すときりがないというか、
とても言い尽くすことなどできませんが、
心の美しさ・強さがそのまま発露したような、
清らかで力強く、崇高な美しさ。
それでいてもろいところと、
いろいろな意味で中学生離れしたところがあって、
何とも言えずかわいいです〜。
ホントにホントに大事にしたいし、
ぜひぜひ幸せになってほしいですよ、
手塚の思いを何とか実現させてあげたいです、
その思いだけで、及ばずながら駄文を書き散らしてるわけです。

原作の最後はぬかきみ設定とは違ってしまったけれども、
ドイツに留学して、
ぜひプロになって世界中の人々を魅了してほしいし、
その後も、自分の信じる道をどこまでもまっすぐに歩いて行ってくれると信じています☆

手塚、15歳のお誕生日おめでとう。

ところで「笑っていいとも!2008秋の祭典SP」、
見ましたよ〜♪
城田君「チーム・バチスタの栄光」チームで頑張ってましたね〜、
(「ROOKIES」じゃない、ない!笑)
何しろ色白なので、
赤いシャツに黒いジャケットがとっても映えてましたよね☆

「自分のペットを抱っこしているのは誰でしょう」で、
画面を見ていたララちゃんとメメちゃんが
びっくりしてないといいな・・・
「違うワンちゃんにチュ〜してる!!」って。

それにしても、番組内でドラマの番宣ビデオが流れたのだけれど、
そこで城田君が白衣着てこちらを向いているシーンがあって、
そのときはメガネはなかったような・・・
かけたりかけなかったりするということなのかなぁ???
とにかく、ドラマが始まるのが楽しみです♪

さぁ、今日の晩御飯は「うな茶」ですっ☆


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。

続きを読む >>
00:14 | 八重葎63.加納課長の贈り物 | comments(2) | trackbacks(6) | pookmark
百万本のバラ

 おお!
「テニプリおみくじ」の「10月生まれのキミへ」、
忍足ヴァージョンもあるんですねぇ、
今日チェックしたら忍足でした♪
いや〜、手塚・跡部ペアで行くのかな〜☆、と思ってたら、
忍足も入って三つ巴(三角関係?)の様相ですが、
ぬかきみは忍足も大好きだから、
これはこれで嬉しいです〜♪

ところで手塚ハピバの話のほうも読んでくださっているようで、
どうも有り難うございます〜♪
昨日の話の中に出てきたエピソードは、モチロン、
加藤登紀子さんが歌ったことで日本でも有名になった、
「百万本のバラ」の歌が下敷きになっています。

この歌ね、ぬかきみ、以前ママさんコーラスに所属していたことがあって、
そこで女声合唱で歌ったことがあるんだけれど、
女声合唱編曲版のソプラノが、えらく高かった覚えが・・・
(最高音は、Gより高かったと思う、
もう何年も前だから忘れたけれども。)
それでね、歌の内容も狂おしく切ないし
曲は畳み掛けるようなメロディだし、
さらに高い音を必死で出すので、
もう酸欠状態と言うかトランス状態と言うか、
歌いながら異様な興奮状態に陥ってしまうのでした。(笑)
ええ、加藤登紀子さんのキーで歌うなら、
そんなことはないですよ、多分・・・

この歌はとても切ない歌ですよね、
(加藤登紀子さんの歌声を思い描いてくださいまし)
貧しい絵描きが女優に恋をして、
自分の持ち物の全てを売って町中のバラを買い、
女優の泊まったホテルの前の広場を、そのバラで埋め尽くしたのだそうです、
跡部ならもしかしたら造作ないかもしれない「百万本のバラ」でも、
貧しい絵描きが彼女への愛を表したいばかりに、
このバラのために自分の持つ全てを擲ったというのですから・・・
そのとき、窓からその広場を見た女優はどのような気持ちになったことでしょうか、
う〜む、想像がつかない、
ぬかきみだったら、こんなことをされたら逆に思いの重みに押しつぶされそうですが、
(いやいや、こんなことは絶対にないので安心です。笑)
一流の女優さんだったら笑顔で受け入れるのかなぁ・・・?

この歌のモデルとなった画家は、
ニコ・ビロマスキという実在の人物で、
フランス人女優のマルガリータに恋をして、
実際にホテルの前の広場を花で埋め尽くしたということですし、
この女優の絵も描いています、
でも、恋愛は成就しなかったようですが・・・
でも跡塚は一生愛しあうのだ!!

 

続きを読む >>
21:54 | 八重葎63.加納課長の贈り物 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
あらら・・・

ああっと・・・「ROOKIESスペシャル」は、
ほとんど総集編でしたねぇ、
もちろん、第一話からの名場面が網羅されていて、
それを2時間ちょっとで振り返ることができてよかったですが、
「スペシャル」のために意気込んで、今までの話を復習していた私としては、
ちょいとばかり「あらら」でした。(笑)
「スペシャル」はいつの間に撮ったんだろう、ってすっごく不思議だったのですが、
(だって、あれだけ収録が押してましたからね)、
それに、「スペシャル」の放送が近づいても、
公式HPにも何も情報らしいものが出てこなかったので、
ヘンだな〜って思ってたんですよ、
こういうことだったんですね・・・

結局、今度は赤星が出てきて、
川上との戦いがあるぞ、ということでしたねぇ、
それはそれでいいかもしれないけれども、
(録画できなかった人とかには、きっといい企画だったかもしれません)
ならば、なぜこの時期の放送かなぁ?
むしろ映画の公開直前の放送のほうがよかったんじゃない?
今までの振り返りがあるにしても、
もうちょっと話が進むかな、って思っていたのだけれども。

まぁまぁでも、映画の方はこの先の話になってくれると思うので、
あと半年かな、もうすぐ裏BOXのDVDも届くはずだし、
それまで首を長くして待ちますわ〜。

それより、城田君の日記ですよ、
「とあるスペシャルドラマ」の撮影だって、
キャ〜ン、どんなドラマなのでしょう、楽しみですわ〜♪
そうして、5日の日記の写真ですよ!
GEORGIAちゃん、かわいい〜、
そうして抱っこしてる城田君の笑顔もいいですよね〜☆

でも最近、「俺の子」なんかの話題がちらつきますよね〜、
それとどの雑誌だったかな、
もしかしたら恋ができそう、みたいなセリフがありませんでしたっけ?
う〜、もしかして今、気になる人とかいるのかなぁ、
ファンとしてはやきもきするところです。

ところで、跡部のハピバ話、
たくさん読んでくださっているようで、
どうも有り難うございます〜☆
昨日で跡部のハピバ話は終わりましたが、
引き続きまして、手塚のハピバ話を連載します、
おヒマでしたら・・・


〈おことわり〉

 ※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。

続きを読む >>
23:22 | 八重葎63.加納課長の贈り物 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--