玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
絶賛懊悩中
わははは〜、
とうとう「白馬の王子様」にランクインですよ〜、城田君♪
オリコンの「白馬の王子様ランキング」です☆
↓(冒頭のhははずしています)

ttp://contents.oricon.co.jp/music/special/080528_01.html

うんうん、むべなるかな〜、です。
でも、来年はもっと上を目指せると思うな〜、
だって城田君の場合、見た目の美しさだけでなく、
性格のかわいらしさとのいわばアンバランスと、
お芝居や歌が上手で、しっかりした考え方を持っていることも、大きなポイントなので、
知れば知るほど魅力が増すので〜♪

その王子ですが、「ROOKIES」第6話予告ムービーでも御覧になれます。(笑)
そのムービーで気になったのが、
新庄が左打ちなこと。
それでWikipediaで「ROOKIES」を調べてわかったのですが、
原作でも新庄は右投げだけど左打ちなのですね、ヨカッタ〜♪

それと、久しぶりにドラマ「交渉人」のサイトの、
「柳川Pの撮影日記」の更新がありました、
こちらもDVDのお知らせでしたが、
特典には、
「深夜に放送された番宣番組や、特別鋳なたビューなど満載」だそうです、
まりやん満載をちょっぴり期待してもいいのでしょうかね・・・?

さてさて、ううう〜、実はぬかきみ、絶賛悩み中です、
またか! と呆れてしまわれることと思います、
ゴメンなさい、優柔不断で。

メールで、
「更新がなくてもいいから、『清風帷簾』は『玉櫛笥』の倉庫として、
ぜひ、そのまま残しておいてほしい。」
という旨のメッセージをいただいてしまいました、
(有難うございます〜、改めてお返事もさせていただきますね♪)
今日、「コメント」でいただいたメッセージとも重なるのですが、
今までの話を読めるようにしておいてほしい、ということでした。

そもそも「清風帷簾」を始めたわけは、
「玉櫛笥」に発表していた話は、
検索しやすいようにと、「八重葎○番」として「Categories」で出していたわけですが、
そうこうするうちに、自分でも知らないうちに、
「Categories」がいやに長くなってしまって、みっともなくなってしまったこと、
それと、「玉櫛笥」をはじめる前に書いていた捧げ物の話も、
一応収納しておこうかな、と思って、
「玉櫛笥」倉庫として立ち上げたのでした。

そのときに、単なる倉庫という位置づけなので、
はっきり言って「清風帷簾」はあんまりご利用はないだろうと思い、
カウンターもつけなかったので、
(だって、なかなか数が増えなかったら、やっぱり落ち込むと思った)
どれくらいの方が私のワンパターンな話を読んでくださっているのか、
まったく見当もつかないわけです、
「玉櫛笥」のほうは、blogの管理者として、日ごとのアクセス数も把握できているのですが。

それで、「玉櫛笥」で発表した話であれば、
それらは全くそのまま残っていますので、
「Categories」に残っていればそこから話が出ている日記に辿り着けますし、
それ以外の「八重葎44」以前の話については、
日記の中でタイトル一覧を用意しておけば、
それを参考にサーチしていただければ、
その話のある日記が出てくることになります。
ちなみに「Categories」の中に、「八重葎44」以前のものまで復活させるつもりはありません、
何しろ全部で60話以上もあるので・・・(汗)
ええっと、「雛遊び」・・・つまり「小跡部様と小てづか」は、
「小跡部様」でサーチしていただけるといいかと・・・
(何しろ、数が多い上に、タイトルのついていない小話も多い)

ですがこの方法だと、「玉櫛笥」には出ていない話・・・
つまり初期の話を中心に、捧げ物になった話、数は多くはありませんが、
たとえば処女作(恥)「黄色い鳥のいる風景」とかは読めなくなるのです。
それと、貴重な頂き物も埋もれてしまいます、
でもこれらまで拾おうと思うと、もう、「清風帷簾」を残すしかないわけで・・・

それでなぜ、今月末に「清風帷簾」を閉じようと思ったか、さかのぼって考えると、
 崟局帷簾」を放置しておきたくない。
→でも、「玉櫛笥」は更新しており、今後、話がどれだけ発表できるかわからないけれども、
「ご案内」の「更新情報」はあったほうが便利かもしれない。
また、実際にご利用があるのならば、サイトの更新ができなくても、
サイトを残しておく意義はあるのかな?
◆屮謄縫廛螢汽ぅ函廚力箸鬚呂困靴燭曚Δいいと思う。
→別にテニプリ自体を離れるわけではなく、
ただ、どうしても取り扱い絶対量は減るから、というだけであるのならば、
「清風帷簾」のTOPなどの記述を変えれば済むことでは?
もともと2006年11月25日、千石さんの誕生日に立ち上げたので、
ちょうど1年半で、区切りがよかった。

→まぁ、あんまり気にしなくてもいいのかな・・・?(笑)
というわけで、
今度こそ「清風帷簾」は閉じようと固く決心をしていたにもかかわらず、
またもや気持ちがぐらついて来てしまっている、というのが正直なところです。

「ふざけんな!」(小跡部様)

ハイ、そう思います。
一度ならず二度までも「閉じる」と言ったので、閉じる方向で考えてはいますが、
その場合、話は「玉櫛笥」内で読める範囲でよろしいですか?
そうであればサーチしやすいよう、「話のタイトルリスト」は、
「清風帷簾」を閉じる前までに何とか作って、日記内に設置します。

こんなメッセージをいただけるなんて、本当に幸せです、
ありがたいことだな、と思います。
なぜサイトを設置したのかというと、
やっぱりテニプリと手塚と跡塚が大好きで、
それについて語らずにはいられない、
皆様と一緒に楽しみたい、という気持ちが高まったからで、
それが実現しているのか〜、と思うと感無量です。
今のところ、上に書いた方法で、
「玉櫛笥」内の話をサーチしやすいようにもって行きたいと思いますが、
(たとえば、「Profile」欄に、タイトルリストを入れる)
ここでご相談です、
もっと「こうしたら?」といういいアイディアがあればお知らせいただけると嬉しいです、
(何しろ、ぬかきみ、パソ関係の知識が少ない・・・)
全てのご要望を反映することは難しくても、
できる範囲で、今後も一緒に楽しんでいくことのできる形にはして行きたいと思っています。


返り言

ネプリーグ・・・城田君ファンは絶対みた方がいいですよ(笑)英語の問題の時、わざわざ一番難しい「箸」を選んで、素晴らしい発音で答えたところとか、三角形の面積を計算するところで「手汗をかいた」と告白するところとか、可愛かったですから!
キャ〜キャ〜、そうなんですか、うう、それはやっぱり見たいかも、
英語も頑張ってましたものね、勉強の成果をちょこっと披露できてよかった♪
それで「ROOKIES」ダイジェストですが、有難うございます〜、
コチラの局の番組表を見たのですが、まだ7日のは出ていなくて、
今のところはどうなるか不明です、
でも今までも、番宣番組はほとんど放送されなかったので、望みは薄いのかな〜と。
もちろんダイジェストも見てみたいですが、
願わくばまた、ほかの番組にゲストで出てほしいですよね〜♪
ああ、そうだったんですね〜、何となくわかる気が・・・
でも、それって私も大切だと思いますよ、私にとってもかなり大きく左右するポイントです、
我慢できないレベルってありますよね、
それは「芸」って言いませんもの!

死にぞこないの青ですが、渋谷で8/30から公開予定みたいです。ミニシアター系というのかな、全国展開ではないかもしれませんね。
うわ〜、情報を、どうも有り難うございます〜♪
ああ〜、そうなんですね〜、確かに未だにHPの開設すらないし、
大掛かりに公開するつもりはないのかも、ですね・・・
でも、小さな映画館とかで、ゲリラ的に、もっと別の時期に思い出したように見られるかも。(笑)
そうなんですよ、城田君もそうだし、
主役の須賀健太君も、実績があるのだから、
もうちょっとメジャーな映画になってもいいと思うのですが。
ただ、私が懸念するのは、「アオ」がどのような画像になっているのかな、ということ、
これって、この映画の成否に大きく関わる気が・・・(汗)


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。なお、15歳未満の方は、この先はお読みになりませんよう、お願いします。
続きを読む >>
23:24 | 八重葎61.春の祭典 | comments(2) | trackbacks(7) | pookmark
なぜ真田と3枚も・・・?
わ〜わ〜、WJで久しぶりに、
ちゃんとした(笑)「ゲキプリ」と「アニプリ」がありました♪
(ええ、娘のWJです!)

「ゲキプリ」のほうは、
今夏のテニミュ「The Imperial Presence 氷帝feat.比嘉」の、
キャストの発表です。
う〜ん、これはテニミュの公式サイトに発表されているのと同じ内容で、
4代目・5代目の青学メンバーがダブルキャストで、ということらしいです。
(4代目の方がメインのようですね・・・?)

う〜〜〜、それで、気になる氷帝のキャストの発表はお預けです、
もちろん、あの氷帝のメンバーが中心になるのでしょうよね?
若手の俳優さんについて、知識の少ない私にとっては、
あのお方に匹敵する跡部役の方は、
なかなかいないんじゃないかと思うのだけれども・・・?
それと、あの「榊の部屋」は、
この公演でもあるのかしら?(笑)

「アニプリ」の方は、
あと1ヶ月に迫った「100曲マラソン」DVDのお知らせが中心なのですが、
ええっ・・・ジャケット絵は、あの二人だけじゃないの・・・? 
なのに手塚は・・・?(汗)

まぁ、気を取り直して、内容のほうもチラリとお知らせがありましたが、
「夜公演で行われた眼鏡’sの解散式を収録してるっス。」(リョーマ)
「舞台上の『焼肉の王子様』生アフレコの様子は、何度見ても絶頂やな。」(白石)
「俺様たちによる、各校の円陣フィナーレに酔いな!!」(べ様)
「舞台裏映像も収録している!」(真田)
ということでした。

それと、納涼グッズの紹介も。
うちわと「そくひえ」で、「そくひえ」はリョーマVer.と跡部Ver.でしたが、
うちわのほうが「リョーマ&手塚」と「跡部&忍足」の二種類〜♪
これ、ペアをシャッフルできないのかしら???(笑)
たとえば、両方のうちわを真中で真っ二つに切って、手塚と跡部をくっつけるとか、
(あ、でもそうするとベ様の腕が切れてしまう・・・!)
忍足の顔をくりぬいて、手塚と挿げ替えるとか!
・・・ゴメンね、忍足・・・

それから、OVA Final Vol.1のお知らせも・・・
「手塚VS真田戦!!」と出ていましたが、
コレは、う〜、見たいような、見たくないような・・・
複雑な気持ちです。
その気持ちに輪をかけてくれるのが「CDリリースカレンダー」なのですが、
「8/13 手塚&真田の3ヶ月連続リリース決定!」
だそうです、
う〜む、コレはコレでいいけれども、
なぜ、真田と3ヶ月連続で???
ぬかきみはやっぱり、手塚と跡部のデュエットCDをつよ〜く希望します〜、
ほら、2005年ミュ冬公演で、
城田手塚&加藤跡部のす〜ばらしいデュエット「一騎打ち」があったじゃありませんか!!
(ほかのテニミュのことは詳しくは知らないけれども、
これはDVDも持ってます、
あのデュエットは、テニミュ史に残る絶品だと思ってます!)
できればあんなイメージで、
もしくは置鮎さんと諏訪部さんならばラジプリのノリでもいいので、ぜひ〜〜〜!!!

そうそう「ROOKIES」については、
第2章が始まる6月7日14:00〜、
「ROOKIESダイジェスト」が放送されるそうです。
(う〜む、でもコチラでは放送されない公算が高い、
BS-iでも放送してくださるかしら?)
「見逃しているけれども、ちょっと気になってます〜」とおっしゃる方、
ぜひチェックしてみてくださいませね♪



返り言

初めてメールさせて頂きました。
キャ〜、こんにちは〜、どうも有り難うございます〜♪
「手塚国光至上主義」、同志でございますねっ、
そうですとも、手塚は美人で皆に愛されると、私は信じているので、
そういう話しか書けないのですが、
それでも喜んでいただけて、本当に嬉しいです〜☆
ええ、「清風帷簾」のほうは、どうにも手を入れる時間が取れそうになく、
そちらを整備する時間があればむしろ、「玉櫛笥」のほうを充実させていきたい、
でも放置しておくのはイヤだ、という勝手な思い入れで閉じさせていただくのですが、
でもでもテニプリ・手塚・跡塚愛は全く変わりません、
なので、時間が許す限り、
「玉櫛笥」については今までどおりの方向性で、
活動を続けて行きたいとは思っています。
「春の祭典」も、「清風帷簾」としての最後の話というだけで、
自分の気持ちとしては今後も、時間があれば話は書いて行きたいんです、
ただ、時間的に厳しいので、お約束はできないのですが、
頭の中には話は渦巻いてますので・・・(笑)
とりあえず、二人の子どもは、明日の話で登場予定です、
あ〜、でも、ご期待に沿えるかな〜???(汗)
どうぞ、これからもよろしくお願いします〜。


ネプリーグ、・・・
いや〜、まぁ〜、そうだったんですね〜!
メッセージをいただいて、彼の日記を確認してきましたら、
ちょっぴり反省が出ていました。(笑)
なので、だいたいどういう状況だったのか想像がつきましたよ、
私も全くの同感です〜♪
それで、いえいえ、わざわざでなくて結構です、
もし今後、またこちらで見られなかった番組があって、
それが城田君のファンとして押さえておかなければならない重要番組だったような場合には、
お願いすることと思います、
もしそんなついでがありましたら、そのときにでも・・・(笑)


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。
続きを読む >>
21:45 | 八重葎61.春の祭典 | comments(2) | trackbacks(3) | pookmark
クマづくし♪
えへえへえへ、嬉しいな〜♪
素敵サイト「幻影都市」様で、以前展示されていた、
すばらしい「クマづくし」、
私は傑作だと思うのだけれど、サイトの整理に伴ってなくなっていたのを、
久々に展示してくださいました〜☆
跡部と手塚、その他のテニプリキャラがかわいいクマなんかになってます、
とっても楽しいので、ぜひ、皆様も覗いてみてくださいませ〜、おススメ☆

ちなみに、こ〜んな感じです、(これは塚ベア。70パーセント縮小しています)



これは「幻影都市」のクリシュナ様にお許しを戴いて掲載させていただいております。
(クリシュナ様、ホントにどうも有り難うございました〜☆)

「幻影都市」様には、「清風帷簾」の「縁」からも行くことができますが、
一応、TOPのアドレスをお知らせしておくと、

ttp://krsna.sakura.ne.jp/  (←冒頭のhははずしています)

です、ここから入っていただいて、
【Image】「テニスの王子様」>「クマづくし」から楽しむことができますよ、
まずは最初の「跡ベア物語」から御覧になることをおススメしますが、
ほかのクマたちも超カワイイ♪
もちろん、塚ベアと跡ベアのカップルが、一番多いです〜。

それと、メッセージをいただいて教えていただきました〜☆
(私信です。有難うございます〜☆)
とってもステキな企画があるのですって。
「跡部景吾・手塚国光 デュエット実現大作戦」と言います。
二人のデュエットを実現させようという企画ですよ。
詳しくはコチラ。↓(冒頭のhははずしています)

ttp://atobetezukaduet.web.fc2.com/

読んでいただいてもし企画にご賛同いただけるようでしたら、
ご署名をお願いします〜♪
なお、締切が6/1と差し迫っておりますので、ご注意〜!

ところで「ネプリーグ」、こちらの地方では見られませんでしたが、(涙)
城田君の日記によると、
また何か番組の収録が行われたようですね、
何の番組だろう??? 楽しみ〜。
それにしても、淋しがりなヤツです・・・(笑)

そうそう、D-BOYSの公式サイトで、
舞台「ラストゲーム」の稽古場日記が公開されました。↓(冒頭のhははずしています)

ttp://www.d-boys.com/d-boysstage2/diary.html

ミキ社長のブログ(5/17付)によると、
城田君は「ハンドルネーム、ワセダ」とかいう役らしいのですが、
今のところ、稽古場日記の写真にはそれらしい姿は見えません。
でもこちらのほうも公演まであと1ヶ月を切ってしまいましたので、
これから日記に登場してくれることもでてくると思います、
こまめにチェックしなくては〜♪

★ええっと、メッセージ、どうも有り難うございます〜★
すみません、改めてお返事差し上げますが、一応こちらでもお知らせです。
「清風帷簾」を5月一杯で閉じるのはもう決めておりますが、
「玉櫛笥」(この日記です)は、今までどおりの方向性で続けるつもりです、
忙しくなってしまったので、
今までどおりの規模の活動を続けるのは難しいと思うのですが、
それでも、私が好きなことについて叫ぶ場はここだけですし、
時間があれば、話も書いて行きたい気持ちはあるのです、
そうすると発表できる場はここだけですので、
「やっぱり無理!」と思うまでは、もうちょっと続けようと思っています、
ご心配いただいて、どうも有り難うございます〜!!

続きを読む >>
22:25 | 八重葎61.春の祭典 | comments(2) | trackbacks(11) | pookmark
「結婚」
毎週、いつになったら人間界に行って、
ウサミミ仮面に出会えるのだろうかと、それだけを楽しみに見ていた、
「おねがい♪マイメロディ キララッ☆」ですが、
今日、初めて知りました、
Wikipediaによると、
「ストーリー的(時間軸)には前3作よりも過去という設定になり、
大半はマリーランドを舞台にしている。」
のですってね・・・、つまり待てど暮らせど、
多分、ウサミミ仮面に逢うことはないわけで・・・
なので、見るのは今日で最後にしようかな、と、淋しくも思ったのでした。
ウサミミ仮面、COME BACK〜〜〜!!

それと、城田君の日記を読んで感動してしまいました、
今、すっごく頑張って「ROOKIES」の撮影に取り組んでいるみたいなのですが、
「観てくれる方のためにスタッフ、キャスト一同誠心誠意で撮影に取り組んでますので、
今後の「ルーキーズ」に是非ご期待下さい☆」

とありました、
そうですよね〜、放送はなくとも、
現場では熱意を持って取り組んでくれているのですよね、
「ROOKIES」がバレーでお休みになったり、終わってしまったりすることに、
ついつい文句をタラタラ書いてしまったのだけれども、
(でも、ホントに「ROOKIES」、好きなんだもん・・・)
こうして頑張っている皆さんに失礼だったな、と、恥じ入ったのでありました。

それで城田君は、明日26日(月)、
「ネプリーグ」(19:00〜 フジテレビ系)に出演です、
公式HPによると、
「人気爆発城田優&イケメン俳優軍団が大緊張?」
だそうです、きっと「ラストゲーム」のキャンペーンだと思うけれど、
がんばれ〜!!
・・・と思ったら、コチラの地方では、その時間、
プロ野球中継になっていて見ることができません・・・(涙)
しかたない・・・プロ野球ファンの気持ちもわからないでもないから・・・シクシク・・・

さてさて、昨日からはじめました話の、
タイトルが長くてゴメンなさい、
本当は「ストラヴィンスキー的結婚」にしたかったんです、
ぬかきみ、ストラヴィンスキーの「結婚」の曲が好きで、
跡塚の結婚話は、きっとこのタイトルにしようと、
前々から決めていたのでした。

このストラヴィンスキーの「結婚」ですが、
とっても面白い曲です。
もともと「春の祭典」なんかと同じようにバレエのために作曲されたのですが、
何と! 
ソリスト4人(S・MS・T・B)、混声合唱に、ピアノ4台とパーカッションという組み合わせですよ〜、
(ピアノのカ〜ン!という音がよい☆)
う〜んと、私の勝手なイメージでは、
オルフの「カルミナ・ブラーナ」と、ストラヴィンスキーの「春の祭典」がミックスしたような・・・(笑)

それで、歌があるので、一応の話の内容もあるのですが、
(でも、ちゃんとしたストーリー性があるわけじゃないのですが)
花嫁の身づくろいから始まって、最後は祝宴がワイワイ催され、
そのうちに新郎新婦のベッドインで終わるという、
何ともキャ〜♪な曲です。(爆笑)
いやいや、何か土俗的な匂いと前衛的な曲作りが相俟って、
ステキな曲だと思います。
私は残念ながらバレエのステージとしては見たことがなくて、
学生時代、カンタータ作品としての演奏を聴いたのですが、
それでいっぺんにファンになってしまったんです、
いつかバレエも見てみたいです〜☆

ただ、この曲は楽しいのだけれども、一応、ロシアの庶民の結婚式の描写なので、
この曲を踏まえるだけでは、
跡塚に似つかわしいセンセーショナルな感じとかが若干足りないな〜と思って、
「春の祭典」のイメージも重ねあわせたいな、と思ったのです、
といっても、私の頭の中で「春の祭典」と「結婚」がごっちゃに流れてるだけで、
話にどれだけ反映しているのかは、はなはだ疑問ですが・・・

「春の祭典」のほうはストラヴィンスキーの三大バレエの一つとしてとても有名ですが、
これや「カルミナ・ブラーナ」(これも、聴いたら『これか〜!』ってなるはず)がお好きなら、きっと、
「結婚」も気に入ると思いますよ〜、ぜひ♪



返り言

ラストになるかもしれないお話を読ませていただきました。手塚と跡部の子供ができるのね!?
うわ〜、どうも有り難う〜!
そうなんですよ、やっぱりね、国一爺様に最終的に納得していただくためには、
その可能性があったほうがいいかな、って思って、
それで、全くのファンタジーじゃなくって、
もっともらしい裏づけができないかな〜って、
自分なりに考えたんでした、
まったくこんなことに対してなら、いくらでもない知恵を振り絞るのにねぇ。(笑)
でもね〜、どんな子どもになるのかは・・・う〜、ご期待に添えるかなぁ・・・(汗)
続きを読む >>
22:49 | 八重葎61.春の祭典 | comments(0) | trackbacks(9) | pookmark
ギリギリセーフで「春」!
あ〜あ、土曜日だというのに、今日は「ROOKIES」がないんだ・・・
しかも来週も、と思うと、やっぱり淋しいです〜!
でも、公式サイトのほうは少し更新もありました♪
今回の更新での見どころは、
やっぱり「現場レポート#13」でしょう〜☆

ニコガクのみんなの撮影裏話を紹介してくれるのですが、
今回は、レポート自体よりも写真が見ものです。
表面的には6枚の写真しか見えない気がしますが、
どの写真でもいいからクリックして見てくださいませ、
全16枚の写真が見られますよ〜♪

ぬかきみ的に「キャ〜☆」の写真はやっぱり、
「よい子は土で遊びます。。。」の、一連の写真、
城田君と、桐谷君(平っち)・尾上君(今岡)の三人で、土団子を作ってるの!(笑)
そうして、ピッチャー新庄、投げました、土団子!
カキ〜ン!
平っち打ちました!
あ〜、もう、かわいいです〜♪
それにしてもこのレポートでも、
とうとう「シロタン」という呼び名が定着しましたね☆
それで、あの歯ブラシはどこのメーカーの何だろう・・・?(←おそろいを狙っている)

だけど、そんな楽しいばかりの現場じゃないようですね、
城田君の久々の更新の日記見て、驚きました、
ものすごくたいへんなのね。
でも、男臭さが漂ってて、イイかも・・・

ウチでは今日、第1話を復習したのだけれど、
「ROOKIES」を見ると、ただでさえウルサイ息子に川藤先生が乗り移って、
さらに鬱陶しくなるのが玉に瑕です。(笑)

さていよいよ、「清風帷簾」としては最後となる、
二人の結婚話を始めることに相成りました。
(ええ、今月一杯は「春」と言い張っているのは、
この話のためです。)
皆様もあるいはお気づきかもしれませんが、
このところ、どうしても時間のやりくりがつかず、
「清風帷簾」のほうは全くの放置状態となっております。

もともとこのサイトは「玉櫛笥」から始まり、
そこで紹介する話がたまってしまったため、
古い話の置き場として、いわば「玉櫛笥」倉庫の「清風帷簾」だったわけです。
それでも自分なりに思い入れのあるサイトで、
できるだけ自分好みに作っていこうと、
文章を書くことしかできない私が少ない知識を駆使して何とか作っていったわけですが、
自分なりに愛情を注いだサイトであるだけに、
放置状態にしておくにしのびないのです。

しかも、WJでテニプリが終了したので、
やはりテニプリの話題自体が少なくなってしまい、
また、仕事が忙しくなって、
今まで同様のペースでは話を書くことすらも難しくなってきており、
テニプリサイトであると標榜することが心苦しくもなりました。
もちろん手塚と跡塚は今でも大好きで、生活の一部にもなっているので、
「玉櫛笥」は今までどおりの方向性でもう少し続けてみようかな、とは思っていますが、
(つまり、テニプリの話題もできるだけ取り上げたいし、
話も時間が許せば書いていきたい、と思っています、
しかしながら話を書く時間も、実際にはなかなか捻出しにくい状態・・・)
とりあえず「テニプリサイト」という枠組みをはずしたい、
なので、以前も書きましたとおり、この結婚話を最後として、
今月一杯で、「清風帷簾」を、閉じることにしました。

以前、三月一杯で、と言った時にはたくさんのメッセージをいただきました、
本当にどうも有り難うございました、
その一つ一つが嬉しくて、
こんな末端サイトでも心にかけてくださっているのだな、と感激しました、
だからもう少し頑張ってみようと思ったのですが、
やはり、今のままでは「玉櫛笥」の更新をするのが精一杯で、
しかし「清風帷簾」を更新できないまま朽ち果てさせたくないのです。
なので、「清風帷簾」が皆様のお目にかかるのはあとわずかの期間となってしまいますが、
どうぞ、最後までよろしくお願いいたしまする〜〜〜。

なお、本日の話は、か〜な〜り理屈っぽいかもしれません、
暇なので読んでやろうとおっしゃるかたは、油断せずに読もう!
続きを読む >>
21:46 | 八重葎61.春の祭典 | comments(0) | trackbacks(8) | pookmark

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--