玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
悩みの春
今日は、たまった家事をこなすかたわら、
テレビを見続けるという・・・

まずは昨日13日放送の、「おねがい♪マイメロディ きららっ☆」、
「ありゃま!お魚さんが飛んじゃった」
「ありゃま!バクくんが大あばれ」

でした。
「お魚さん」のほうでは、墜落した願い星から出てきた星の王子様は、
ソララ王子と判明、
だけどこの王子様、喋り方が跡部並で(笑)、
お后様のルミちゃんは眉をひそめていました。
きららちゃんの人間の時の姿を見て、
ひよこになった王子様は気に入るのだけれど、
きららちゃんは、飼育係の時のトラウマで、鳥が嫌いという・・・

そうして新しいアイテムが出ました、
ピンクの星型のペンダントで、(名前は忘れました・・・汗)
マイメロちゃんときららちゃんがそれぞれつけるのだけれど、
それをつけていると、何にでも変身できると。
それを持って、墜落した流れ星のかけらを集めることになりました、
それできららちゃんの、人間界に戻りたい夢も、
ソララ王子の、元の姿に戻りたい夢も叶うというわけです。

今回の話ではかけらを一つ見つけて、それを食べた王子が一瞬もとの姿に戻る、
それを見てクロミちゃんは結婚を妄想してたし、
アイテムが、自分が変身できるというものだったので、
もしかして、やっぱり、今後、柊やウサミミ仮面の登場は期待できないのかな、と、
少々暗くなってしまいましたが、
いやいや、まだ始まったばかりだから、
もう少し辛抱強く待ってみることにします。

それと「バクくん・・・」のほうは、
私にはバクがとても健気で弟思いで、
なのにみんな――行き違いもあったにせよ――、
ちょっとバクをいじめすぎじゃないの・・・?と思ってしまいました、
お肉を知らない弟達に、本当のお肉を食べさせてあげたい、
自分のことではなく、弟たちの幸せを願うなんて、
バクって本当に優しくていい子だな〜と思ったので、
「誰のせいでこんな姿になったと思ってる!?」と、言いつつ、
バクをいじめる王子には、私は今のところあんまり共感できないのだけれども・・・
まぁ、これも話が進むと変わってくると思うので、
願わくば、バクがもうちょっと報われますように、と願いつつ、
今後もしばらくは見ていくと思います。

それと、「ピンポン!」も見ました、
城田君、いつ出るのかな〜と、ワクワクしながら見てましたが、
ホンットに一番最後、「ちょこっと」出てました、
でも、ちゃんとROOKIESの宣伝コーナーで、
平塚役の桐谷さん(ですよね・・・?汗)と一緒に登場、頑張って番宣も行ってました〜♪

あのねぇ、映像も少し流れたのだけれど、
今回は新庄の暴れるシーンが中心に編集してあったらしく、
お〜お〜、ホントに怖いタイプの本格的不良だ〜っ、
いいわ〜〜〜☆と思ってしまいました、
今、予告とかを見ている感じでは、
チャラくない、骨太のドラマ作りになってるみたいですよ♪

それで「ピンポン!」では、今週、月〜金曜日にキーワードを一文字ずつ発表して、
出来た言葉を書いて応募すると、
ROOKIESのコラボTシャツとかピザの無料券とか、当たるそうです〜、
今日は見逃した方でも、
きっと明日以降を見ていれば、わかるんじゃないかな・・・?

それと「関口宏の東京フレンドパーク供も見ましたが、
こちらはバタバタしている時間帯だったので、
チラチラとしか見れてません、
でも録画はしてあるので、また時間があるときにじっくり見ますが。
城田君、お兄さんたちと一緒にやってたフットサルの、
成果が出ましたね、
あれ、メチャクチャ難しそうだったのに、クリアできたもん。
それと、ほかの人がやってるときにも、
さりげなくさっとフォローに廻ってて、
えらいな〜と思ったのでした。
洗濯機、よかったね〜!(笑)

さてさて今日は、なぜか「お悩み相談」の電話が別口で2件も入り、
私はうまく助言したりはできないけれども、
聞いてあげるだけでよかったら聞くので、吐き出してみて、と言ったら、
かわいそうに、本当にたまってたみたいで、
どちらも気がついたら1時間以上の長話、となってしまいました。

この時期、イロイロな係が交代して、
仕事にはまだ慣れないし、人間関係も変わるので、
周囲に常識では考えにくいことをする人がいたりすると、
真面目な人は本当にストレスがたまるようなんですよ、
特に子ども会とかPTAとかは、係が終わった後もその人と顔を合わせる機会は多く、
それに年齢や、その集団に属している期間の長さなんかで、
微妙な上下関係のようなものや派閥もあって、
おかしいことを「おかしい!」と言いにくい風潮もあるし、
しかもそういう役職自体が、まじめな人についつい集中しがちなので、
それもどうか・・・と思いつつ、いい解決策が思いつかない。

とりあえずはこの1年間、できるだけストレスを溜めないよう、
聞くだけならいくらでも聞くから、
吐き出していいよ、としか言えない私が情けないです〜〜〜。(涙)

と、ちょっと真面目っぽい話をしたところで、
本日最終回です、
不真面目です、ゴメンなさい!!

〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。なおこの先は、15歳未満の方はお読みになりませんよう、お願いします。
続きを読む >>
22:46 | 八重葎59.交渉人 手塚国光 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark
温泉(13日日記です)
ああ〜ッ、ゴメンなさい、
連載の途中で落ちることだけはしたくなかったのですが、
バタンキュ〜(←って、最近は言わないですか?)でした、
なのでこれは13日日記です。

ところでわわわ、たった1日パソ子を開かなかったら、
明けてびっくり玉手箱〜、
城田君の、テレビ出演情報がまたうわ〜っと増えていて、
嬉しい限りです〜♪
さっそく14日(月)は、
「ピンポン」「関口宏の東京フレンドパーク供を見なくてはっ!
録画しておいたマイメロちゃんも見なくちゃだし、
うわ〜、忙しいわ〜〜〜!(笑)

12・13日は実は親戚のお招きに預かって、家族で下呂温泉に行ってまいりました。
いえ、前からその日はどう?って言われていたのですが、
主人の仕事の都合がつくかどうか微妙だったのですが、
何とかやりくりができたので、
めでたく久々の家族旅行と相成ったわけです。

こちらではもう桜は散ってしまってすっかり葉桜ですが、
下呂温泉では桜は満開、
今から少しずつ散り始める、という感じで、一番の見ごろ、
お天気にも恵まれて川沿いに植えられた柳の新芽の浅緑も清々しく、
春の山の自然を満喫してまいりました♪

そうして、もちろん温泉です!
お風呂に入るのはもちろん、
温泉を使ったプールやジャグジーにも文字どおり入り浸り、
お肌がつやつやになったはず?(笑)
あ〜、ですが〜、泳いだのは久しぶりだったんですよ〜、
毎週2,3回はジムに通っているし、
くにちゃんの万歩計もほぼ毎日目標歩数はクリアしているので、
ある程度身体を動かしているつもりだったのだけれど、
な〜んと25メートル泳いだだけで、へぇへぇに疲れてしまったとはこれ如何に???

それでも一往復泳いだところでジャグジーで身体をほぐし、
また一往復で休み・・・しながら、
私なりにマイペースで泳いでいたら、
その横を子ども達がス〜イスイ軽々泳いで、私をぬき去っていくではないですか!
いや、抜かれるのはどうってことないのだけれど、
何しろこんなに疲れるとは思ってもみず、
わが身の衰えに愕然としたのでした・・・こりゃたいへん!

でもその後に飲むビールは最高でした〜♪
ええ、嫁という立場などすっかり忘れ果て、ジョッキでグイグイ、
夜はその後ワインもあけ、
(これでプールで使ったエネルギーも帳消しになったと思う)
疲れと酔いで、前後不覚でぐ〜っすり眠ったのでした、
楽しかった☆

続きを読む >>
09:20 | 八重葎59.交渉人 手塚国光 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
ちょっと用事で・・・
すみません〜、ちょっと用事が出来てしまいました、
なので連載中の話だけ更新して、行ってまいります〜♪

ああ、ドラマ「交渉人」のセリフを利用したのは昨日の分だけです、(笑)
あのセリフは、話の中にぜひとも組み込んでおきたかったから・・・

それで、手塚の「交渉」はどうした!?とお思いの皆様へ。
え〜っとコレは「交渉」の内容を描く話ではなく、
ドラマ「交渉人」を踏まえて、
交渉人となった手塚が死刑囚跡部と関わっていく話なので、
実際の交渉の場面は出てきません・・・(笑)
まぁ、ぬかきみにはそんな「交渉」の具体的な話を書くのは無理なの。(大汗)
「交渉」する話がよかった〜、とおっしゃる方は、
6月に発売&レンタル開始の、
DVD「交渉人」を御覧になってね〜、
真里谷をはじめ、キャストの皆様が全員素敵ですよ〜☆

それで、明日(13日)の更新は、
もしかしたら遅くなるかもしれません、念のためお知らせです。


返り言

うわー、偶然。今日TV雑誌を買いに行ったついでに日経エンタを立ち読みしてて、ぬかきみさんが書いてくださった記事があったので、一緒に買ってきたところでした。それでね、婦人公論の記事は私も読んだのですが、
うわー、ホントに偶然ですね〜♪
それで、やっぱり「婦人公論」も、お目にとまりましたかっ!!
そうですよね、普通に考えれば、「死にぞこないの青」の延期が、
一番考えやすいですよね、私も多分そうだと思います。
だけれど、確かに「交渉人」のときには、それ以外に何してるのかな、ってちょっと思ってましたし、
先日の「bino」での「映画とか」発言もあるので、
(それと、あまり大掛かりな公開の映画でなかったら、
こういう雑誌には載せないんじゃないかな、とチラッと考えたりもして)
もしかしたらもしかしたら、と、
ついつい嬉しい方向に期待が高まってしまって、困ったものです。
もちろん「死にぞこない」でもいい、
きっと羽田先生もはまり役だと思います、
だけどそれならできるだけたくさんのところで上映してほしいし、
それ以外の映画なら、ウハウハですよね、
ああ〜、どうしても期待してしまう〜!(笑)
続きを読む >>
11:36 | 八重葎59.交渉人 手塚国光 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
満地球
昨日のアニマックスの「テニプリ」は、
「ネバーギブアップ」、
「手塚に会いたい」の続きです♪
酔っ払ったハンナさん相手にテニスを始めるリョーマ、
最初は一方的にやられてしまいます、
そのうち、手塚たちもそのコートにやってきて落ち合うことができました、
海堂以外は・・・

海堂は、迷子のまま、日本人の老夫婦に見込まれてしまって、
その日、テニスコートで落ち合うことはありませんでした。(笑)

さて試合を見ているうちに、
乾はハンナさんの正体に気がつきました、
以前は鮮烈なデビューをしたプロだったのに、「プロの洗礼」を浴びて、
今はトレーナーとして、手塚についているのでした。

リョーマは追い込まれてもあきらめないで、最後まで食い下がり、
とうとう試合をひっくり返して、
最後は勝ってしまいます、
そうして試合の感覚を思い出したハンナさんに、手塚は、
「もう一度やってみませんか」と、ヘア・バンドを手渡されるのでした。

ハンナさんはもう一度プロになり、トップを目指すことを決意し、
青学のメンバーは日本へと旅立っていきました、
そのとき、スミレちゃんは「手塚、何かあったときは・・・」と、
含蓄のある言葉を言っていましたが、(笑)
それって、普通に考えれば「手塚に何かあれば連絡してくれ」と理解できるのだけれど、
あのジュニア選抜の合宿のことを考えると、
「私(=スミレちゃん自身)に何かあったときはヨロシク♪」だったのかな、
な〜んて、ちらっと考えてしまいました。
ということで、今回の話のポイントは、
手塚のことを「クニミツ」と呼ぶハンナさんに嫉妬!(爆笑)

さてさて「ROOKIES」の公式HPも、
またちょっと模様替え、
もうすぐ始まるよ〜と言う雰囲気が満ち満ちております♪
コラボピザやTシャツのお知らせも出ましたね、
Tシャツは近々、近くのショップで探してみようと思うのだけれど、
購入できなかった場合は、オンラインでも購入できるの〜、
もちろん「黒」を買っちゃう!!
(ええ、買う気マンマンですっ!
ジムにも着ていって、尋ねられたら「城田君のファンです!」ってカミング・アウトしよう、
ちょっとでも宣伝したいから。)
「グリーン」とか「カーキ」もかわいいな〜♪

それでね、昨日ちょこっと触れた、
「まだ書かなくてはいけない本のこと」、
まずは、このところ毎回お世話になっている「日経エンタテインメント!」、
今月号にも載っていましたよ〜♪
(今月号はじっくり見たかったので購入しました。)

まずは今回の目玉記事「2008年タレントパワーランキング」
これはモニター3300人に、1019人のタレント、
男優・女優・ミュージシャン・お笑いと多岐に渡っておりますが、その皆さんについて、
「認知度」と「(知っているタレントについて)関心度」、
そうしてそれを掛け合わせて「タレントパワー得点」なるものを算出した結果が、
シビアに一覧表になっているというものです。

我らが城田君は、さすがにまだ「タレントパワー総合TOP100」には入っていません、
ですが、「男優」部門では、
まだ認知度は高くないものの、関心度は高いという、
「NEXTブレイクゾーン」に入っておりました。
う〜、やっぱりこれからもっともっと知っていただくことが、
大きな課題と言えそうです、
なのでここでも、微力ながら叫び続けようと。

それでね、それに関連して別冊付録として、
「急上昇タレント名鑑」というのがあって、
「この1年で注目度が一気にアップ! 押さえておきたい55人」
の中に、ぎりぎりセーフではありますが、
名前を連ねることが出来ました〜♪
ここでも「舞台で基礎を学び『交渉人』の怪演が話題に」と紹介されてました、
やっぱり真里谷はすばらしかったですよね〜、
真里谷、カムバック!!

それと同じ号に「春の嵐! テレビ番組大改編特集」という記事もあって、
ドラマでは「男祭りに新しい嵐が」と題され、
三つの学園ドラマ中心に記事が書かれていましたが、
その中でもっとも大きな記事になっているのが「ROOKIES」です〜☆
「一番見てもらいたいのは、・・・小学生や10代、
ドラマを見なくなった”男たち”なんです」
ということ、それと
「イケメンだから選んだわけではなく、
役柄のイメージに合った方にお願いしたらこうなった」
のだそうです、きっと、家族で熱くなれるドラマに仕上がってることと思いますよね♪

それで、そのページに「編成・石丸彰彦氏の一言コメント」として、
ROOKIESのメンバーについてのコメントが出ていましたが、
城田君には、
「・・・つい目がいってしまう存在感。
内に秘めた役柄なので、セリフは少なめ。
ふと笑うとかわいいのも魅力。」
とありました、
わ〜、やっぱり男の人の目から見ても可愛いんだ〜!!(笑)

と、「日経エンタテインメント!」は楽しく読んでおりますが、
実は、本屋さんで城田君チェックをしていたぬかきみの目を釘付けにしたのは、
「婦人公論」4月22日号ですっ!
城田君は「王子のタカラモノ」という1ページの記事になっていて、
写真とインタビュー記事だったのですが、
そのプロフィールの簡単な説明の所に、
ぬかきみを驚かせる記述が・・・
「今秋、出演映画も公開予定」
とかあるんですよっ!!

「今秋、出演映画」???
ぬかきみが把握しているのは「死にぞこないの青」だけで、
これは公式HPもまだできていないのだけれども、
私が把握している限り、「初夏公開予定」なんです、
確か、「今秋」じゃない。
映画紹介サイトをいくつか当たってみたけれども、
どれにも「初夏」としか書いてないので・・・
これは「死にぞこない・・・」が秋公開に変更したのか、
「婦人公論」の書き間違いか、
それともそれとも、ひょっとして、私の知らない映画が、秋に公開になるのかな、な〜んて、
頭の中がグルグル・・・になってしまいました、
できるなら、「死にぞこない・・・」とはまた別に、
(だって、映画「死にぞこないの青」は、ウチのそばでの公開は難しそうだもん・・・)
秋に大々的に公開のいい映画があるといいな〜♪

い、五十嵐君の日記に出ている城田君!
いや、すっかり新庄ですが、黒いTシャツの袖から出た腕が、
白い〜〜〜!!

ところでギャ〜〜〜ン、
13日の「ROOKIESナビ」、コチラの地域では放送がないみたいです・・・(涙)

今日のNHKの「ニュースウォッチ9」では、
「満地球」画像を見ることができました、
何かというと、月の周りを廻っている「かぐや」から写した地球の映像で、
太陽・月・かぐや・地球が一直線上に並ばないと、
かぐやの画像として「満地球」が見られることはなく、
年に二回だけしか見られないものだそうです。
そういうウンチクも楽しいけれども、
宇宙の闇の中にぽっかり浮かぶ、青く輝く地球の美しさに、
しばしうっとりと見とれてしまいました☆
続きを読む >>
21:59 | 八重葎59.交渉人 手塚国光 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
あ〜かコーナー、・・・
今日のテレビ東京の「テニプリ」は、
第2話「サムライ・ジュニア」、
「月刊プロテニス」の井上さんたちが取材に来た青学男子テニス部では、
3年生がいない間に、2年生の荒井たちが、
1年生トリオ相手に、「缶倒しゲーム」をやっていました。
そこで「お前もやれ」といわれリョーマは、
缶の中に石が入っていて倒れにくいことを言い当てた上で、
百発百中!
リョーマが荒井たちともめている所に、
遠いところから桃ちゃんが打った球が、缶に的中しました。

そこで桃ちゃんとリョーマが試合をすることに。
リョーマは右腕でツイスト・サーブを打ち、
桃ちゃんは最初はびっくり、でしたが、それでも打ち返せるようになり、
パワー勝負なら負けない、と意気込んだところで、
ドロップショットを打たれてしまい・・・
井上さんは、南次郎の息子、「サムライ・ジュニアだ」と感激します。
そこで試合を中断した桃ちゃん、
ホントは右足首を捻挫していたから実力が出せなかったのですが、
リョーマの利き腕が左手であることも見抜いていたのでした。

さぁ、次回は「登場! 青学レギュラー」、
詰襟の手塚も登場します〜♪

それで、キャ〜ン、それで今日は録画しなくてはいけませんでした〜!!(泣)
話の後にほんの3分ほどですが、
毎回一人ずつ紹介されるコーナーがあるのですが、
今日は手塚だったです〜〜〜!!
得意技は「零式ドロップ」と「手塚ゾーン」が紹介され、
その後、手塚の素敵シーンが、いくつか紹介されたんですよ、
(初期のものが中心でしたが、
でも、個人データは、40.5巻のものが反映してました)
ほら、眼鏡をはずしたところとか、
「俺に勝っといて負けんな」
「俺は負けない」とか、(涙そうそう・・・)
高架下の戦いの後とか、・・・
あまりにも素敵過ぎる編集に、口あんぐり、で見つめてしまいました。
うわ〜、コレだけをもう一回放送してくださらないかしら〜、
それと今回は関東大会までのお宝シーンだったようなので、
後半の素敵シーン・・・って、アニプリの手塚の場合は、
例のジュニア選抜の合宿がほとんどなのでしょうけれども、
ぜひまた、やってほしいです!

「焼肉の王子様」の紹介も、モチロンありました、
毎回思うのだけれど、
不二の背景に広がる銀河系のような宇宙空間が気になります!(笑)

さてさて昨日のK-1では、城田君の「リングアナウンサー」、カ〜ッコよかったです〜☆
何かな、って思ってたら、例の、
〜かコーナー、○○○パウンド〜、
〜んとか〜かんとか〜(←名前)!!」
って紹介する、アレだったのね♪
多分初めてのことだったと思うし、K-1の試合って、独特の雰囲気があると思うけれども、
とっても堂々としていたし、
声もいつもよりちょっとドスがきいてて、しかもよく徹るし、
雰囲気に呑まれるどころか、リングの上でも一際大きく見えました!!
(あ、実際に、多分ほとんどの選手より背は高いはず)
衣裳もね、シルバー系かな、白地に黒の細かい柄が入っていてそう見えたかもしれないけれど、
ライトの下でやや光るような素材のスーツに、
インは黒のワイシャツという、イタリアン・テイストの衣裳で、
体格が大きいこともあってとっても映えてて、
K-1という場にもぴったりでした♪

いや〜、ドキドキしたと思うよ〜、
だってステージとは違い、リングは四方を囲まれてるわけだし、
多分、普段は城田君の出るような番組はあんまり見ないようなタイプの人が多そうだし、
K-1の会場だから、皆さん、興奮状態にあるわけでしょ?
そういう皆さんにも「ROOKIES」をアピールするための、
斬り込み隊長として送り込まれたんじゃない?
もしヘロヘロだったら、「な〜んや、あのアンちゃんは!?」ってことになりかねない、
だけど臆することなく、むしろオーラを感じましたね、
城田君のアナウンスにも、観衆はちゃ〜んと「お〜っ!!」って湧いてました、
無事、大役を勤め上げることが出来て、よかったよかった!

それにリングサイドの実況席にいるときにもときどき話をふってもらえて、
ちゃんと「ROOKIES」のアピールもしてましたが、
(多分、普段は格闘技には関わりは少ないんじゃないかな、
でも、機転が利くタイプだし、ちゃんと予習もしていたと思います、
そつなく受け答えもできていて、さ〜すが〜、と思いました)
私的に嬉しかったのは、
そのときに写されるカメラが、席の斜め上方にあるらしく、
そこからやや見下ろすような形で写っていたのだけれども、
城田君を上から見下ろす目線、ってすっごく新鮮だったんです!
特にね、多分テーブル上のモニターを見ていたんだと思うけれども、
ややうつむいて伏目がちな表情を見下ろす目線で捉えられたのが素晴らしくて、
あ〜、こんなにステキ画面があるとは思わなかった、
録画しておけばよかった〜〜〜、後悔先に立たずです。

それにしても「ROOKIES」には、TBSは力を入れてるな〜と実感、
そういう番宣活動にも関わらせていただけて、
ホントにホントに嬉しい限りです、
でもこの出演は急遽決まったのでしょうかね?
願わくば、できるだけ早く、出演情報を流してほしいです〜。

それでね、週刊の「ザテレビジョン」と「TVガイド」
どちらも「ROOKIES」は特集のページがありましたが、
その両方に新庄がカッコよく移ってる写真があるのよ〜、
どっちがどっちだったか忘れてしまいましたが(汗)、
一方は球場での乱闘シーン、もう一方は先生の喉下にバットの先を突きつけてる写真、
どちらも凄みがあって、
う〜ん、どっちを選べばいいのかわからない・・・(←贅沢な悩みです♪)

それと、本関係ではもうちょっと書かなきゃ、のことがあるのだけれど、
今日は、う〜残念、時間切れです、
続きはまた明日っ!


返り言

D-BOYSのファンクラブから、・・・「城田優のライブ等先行販売」するそうで・・・
キャ〜ッ、教えてくださってどうも有り難うございます〜☆
城田君の活動が、これからますます広がりそうな予感がしますね♪
それで、「ライブ等」って・・・いや、「ライブ」といってもイロイロな形態がありますが、
ファンとしてはやっぱり、
自作の歌をたくさん披露してくれるような「ライブ」を期待しちゃいますよね〜♪
城田君だって、そんな「ライブ」を、
ぜひぜひやりたいって、強く願っているはずで、
発表の機会を待っている曲がたくさんあるみたいですものね。
そうか、「ラストゲーム」の舞台の時に、何か発表があるかもしれないんですね、
うわ〜、お願いします〜、またぜひ教えてくださいませ〜〜〜☆
続きを読む >>
21:54 | 八重葎59.交渉人 手塚国光 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
レンブラントの夜警
きゃ〜っ、今、あわててK-1(TBS)にチャンネルを合わせました、
城田君、なぜにK-1?
(新庄が武闘派だから?)
リングアナウンサーって、何するの?
今初めて知ったので、何もわからないのだけれど、
できるだけ見ておきたいと思います。

さてさて、お〜ぉ!!
とうとうアマゾ○からお勧めされました、
DVD「交渉人―THE NEGOTIATOR―」!!
一番心配だった価格は、参考価格から5,000円以上OFFの、¥14,763!
う〜、でも、
ほぼ同時期に発売の「100曲マラソン」とあわせると21、601円・・・
「交渉人」は、録画はそろってるし、レンタルもあるらしいから、
とりあえずレンタルで内容を確認してから購入を決めようかな・・・(弱気)

さてさて今日は、うちの傍の映画館でコッソリ上映中の、
「レンブラントの夜警」を見てきました。
そうです、美術の教科書なんかで、
誰でも一度は目にしたことのあるという、
あの有名な「夜警」の絵をめぐって、
絶頂期にあったレンブラントが没落していった秘密を、
レンブラントの愛した三人の女性の話も絡めて解き明かしていくという映画でした。

ええっと、先に書いておくと、
この映画は万人にお勧め!というものではありません。
まず、映画がまるで舞台のように、演劇的手法が取り入れられた形で展開するので、
舞台の雰囲気が苦手な方は、好きになれないかもしれません。
それとR-15です、
これは、確かにちょっと痛いシーンもありますが、それより、
官能的なシーンが随所に織り交ぜられているからだと思います、
でも、決して劣情を催すような下品なものではないのですが、
それでもかろうじてぼかしが入っている、みたいなところもありますから・・・
ただ、そういうものを目的で鑑賞にくる人は、
きっとムラムラする前に眠たくなるでしょう。(笑)
それと17世紀オランダ社会の暗部も出てきますので、
そういうちょっとダークな話はお好きでない方にもお勧めできない、
と言っておきながら、
私は個人的に、とっても興味深く見て、139分でしたが、長さを感じさせませんでした♪

もともとレンブラントの「夜警」には、
謎が多いとされていて、
その謎解き番組を、私はテレビで一度見たことがあるのですが、
この映画では、また別の解釈がなされていて、
どちらが正解とも言えないのでしょうが、
この映画の解釈も、とってもおもしろかったです〜♪
不正や殺人、はては性的スキャンダル(含む・同性愛)などを告発するべく絵筆をとったレンブラント、
「絵筆は画家の武器だ。
何でもできる――侮辱も、告発も。」
そう言って「夜警」を描いたレンブラントはやがて、
陰湿な復讐に、徐々に転落の人生を歩み始める・・・というものでしたが、
何しろ17世紀オランダの名士たちの世界の雰囲気、
それと表裏一体となった、社会の暗部、
官能的な愛の行為、
そういったものが、レンブラントの絵そのままに光と影のコントラストの中で劇的に語られていて、
とっても質のいい舞台を見たような気持ち、
すっかり堪能してまいりました☆

同時期のオランダの画家といえばフェルメールがいて、
私はむしろフェルメールの絵のほうが好きなのだけれど、
な〜るほど、レンブラントもおもしろいな〜と、
改めて思ったのでした♪

今日の映画館は、ホントに地方の小さな映画館なのだけれど、
ラインナップにときどき「えっ!」と意外な、ちょっぴりマニアックなものもあって、
今上映中のものでもう一つ気になってるのがあるんだけれど、
上映は来週までなの、何とか、見れるといいんだけどな〜。


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。なおこの先は、15歳未満の方はお読みになりませんよう、お願いします。

〈CAUTION!〉
あ、あの、今日の話の中には、
跡部が女性と絡むところや、ちょっと痛いシーンがあります、
ぬかきみが書いているのでたいしたことはありませんが、
苦手な方はご注意くださいね。
続きを読む >>
21:30 | 八重葎59.交渉人 手塚国光 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
ドリームチーム待受
うわ〜ん☆
お友達の日記に書いてあったのでわかったのだけれども、
(あわてて、娘の買ったWJを確認しましたっ!)
今週号のWJ(No.19)の222ページに、
「ケータイ少年ジャンプ」の記事があって、
「テニスの王子様」スペシャルとありましたっ!!
「学校別特集」では、4月は青学&立海大、
「ドリームチーム待受」では、
40.5巻で発表されたドリームチームが待受になって登場!!
だそうです〜♪
それでこのページに出ているイラストが、
手塚・リョーマ・不二・幸村・真田ですよ、
ホントに久しぶりにWJで手塚を見たような気が〜☆
(手塚、見られるだけで幸せ〜☆)

私の古〜い、機能の少ない携帯では見られないかもしれない、
何しろ動画とか、大きい画像は受け付けてくれないという骨董品なので・・・
どなたか315円かかってもOKの方、
「40.5特別選抜チーム」画像を確認してくださらないかな〜?
手塚、S1だもの〜♪
S2の幸村とS3の跡部に囲まれているといいな〜♪
(二人が手塚の取り合いしててもいい。
とにかく、勝手に広がる想像。ウットリ・・・)

そのほかに「アニプリ」では、
100曲マラソンのイベントレポートが出ていましたが、
そのジャケットイラストは、
「リョーマと跡部に加え、DVD用に真田と白石を描きおろし!」だそうです、
う〜む、あの跡部はカッコよかったけれども、
手塚がいないのは残念・・・
はっ、
「そのジャケット、俺に参加させてくれないか?」
「遅れて申し訳ありません」
などと言いながら、
(わかりづらいですが、例の抽選会のパロのつもり)
手塚のイラストも入らないかしら、
置鮎さんの100曲マラソン参加も、後から決まったわけですしね!

さて今日は夕方18:55から「ザ・プロ野球 横浜VS巨人」に、
城田君、出る予定だったのだけれど、
横浜VS巨人と阪神VS中日の二元中継で、
放送開始直後は、阪神の金本の、2000本安打の達成なるか、という瞬間だったので、
(結局、今日は達成できなかったようですね)
「ROOKIES」の話はしばらく待つけれども全然出ず・・・

あ〜っ、これは全国的にそうなのか、
それともこの地方だから阪神VS中日がメインになっているのかわからないけれども、
うう〜、このままじゃ「ROOKIES」情報は見られないのか・・・
と、しばしガックリしておりましたが、
はっと気がついてBS-iに変えてみると、
やりました〜♪「ROOKIES」メンバーが出てました〜♪
でもこちらで見たのが19時20分を回っていたので、
最初の始球式とかのイベントは、その後に放送になったダイジェストしか見られませんでした、
残念!!
もっと早く気がついて、最初からBS-iにしておけば・・・

それでメンバーが集まっているところで、
城田君も前列左でニコニコしていましたが、
その後ろにいた、多分川村陽介さん(?)が、
ず〜っと城田君の肩に腕を沿わせていて、
「うらやましいぞ!」って、それがとっても気になりました。(笑)
インタビューも、私が見ていた時間帯では、
城田君が喋るところはなかったです・・・
でも、こうして出させていただけるだけでも有り難いですね!

次にテレビで見られそうなのは
13日16:30〜の「ROOKIESナビ」、コレも楽しみです〜☆


返り言

チャオの城田君、可愛かったですねー(笑)あの頬を染めるところがたまらん!新庄も凄い迫力で、目、目つきが鋭くて素晴らしかったー(><)
そうそう、本当にかわいらしかったです〜、
画面で見ていても明らかに赤くなっていって、もう、胸がきゅ〜んとしました〜!
それと、本当に新庄は迫真の演技、
表情も凄まじかったですし、目つきも本当に鋭かったです!
今まで演じた不良の役よりさらに、凄みを増している気がしましたね、
本当に今回の演技にも期待できそうです♪
「ROOKIES」の宣伝では、よく「イケメン」と言う言葉が使われていますが、
決してそれが売りのメインではなく、
しっかりしたドラマが作られているな、という感じがしました、
原作のファンの方にも喜んでいただけるといいな〜。
それで、あっ、多分オムライスですかっ!
それはそれで、ま〜ったく城田君らしい・・・(笑)


さてさて皆様お待たせしました(かどうかわかりませんが)、
構想して書き上げるまでに2ヶ月もかかったという、
ぬかきみにしては大河ドラマ・・・じゃなく、単に時間がなかっただけですが、
一応結構長い話を書き上げましたので、
今日から連載しますね。
そう!「ROOKIES」が始まる前に終わらせておきたいと思っていた、
「交渉人 手塚国光」です!(爆笑)
けれどもこれ、結構暗めの話かもしれません、
(何しろ、ドラマ「交渉人」の世界にどっぷり浸かっていた時に構想した話なので)
それと、ぬかきみの話の基本設定からは離れた話です(当たり前か・・・)。
暇だから付き合ってやろう、とおっしゃる方はどうぞ・・・
続きを読む >>
23:08 | 八重葎59.交渉人 手塚国光 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--