玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
う〜む、「頂上決戦」・・・
「あ〜ん? 
ぬかきみ、てめぇ、あれと俺様の手塚との区別もつかねぇのかよ?
ありゃ、どう見たって仁王だぜ?
てめぇ、愛が足りねぇんじゃねぇの?」
(小跡部様)
「・・・そうだったのか。
自分のドッペルゲンガーを見るのは不吉だと聞いていたが、
安心したぞ。」
(小てづか)
「へ・・・?(こいつも惑わされてたのか・・・呆)」(小跡部様)

でも実際には手塚は、
仁王がどれくらい自分になりきることができているのか、
冷静に見ていると思いたいです。

それにしても、これも「頂上決戦」という位置づけなのね、
でもね、これは本当は「不二×仁王」なので、真の「頂上決戦」ではないですね。
(「頂上決戦」という言葉を安売りしないでほしい、
それと・・・手塚が全ての人の目標であるからしかたがないことなのかもしれないけれど、
こんなにいろんな人にまねされていいものか・・・?)
確かに手塚VS不二は見てみたい試合ではあるけれど、
(アニプリで見た時はどきどきしながらも嬉しくて、祈る思いで見てました。)
こんな形で実現させなくてはならなかったのかしら?
これはやはりまやかしです、
いくら仁王が好きでも、
そして仁王が手塚になっていたとしても、
手塚VS不二の試合として、純粋に楽しみながら見ることはできないし、
それに、私にとっての「頂上決戦」は、跡塚しかないです。(キッパリ!)

さて、「アニプリ」の2008年テニプリカレンダーだけれど、
立海Cafeの柳生はステキです♪
でもコーヒー注文したら、ジャッカルが出てきてサーブしてくれそうな。
柳生を指名してもいいのかな?

それと、「テニプロ」は今回、ナビゲーターは氷帝でしたが、
355ページがステキだったわ〜、
宍戸の怒りはごもっとも!!
でも、ハガキにセコセコ書き込みをしている跡部の姿って、
どうしても思い浮かばないわよね。(笑)

ところでわわわ、「ブレーク!テニプリOVA」のサイトの、
「10月生まれのキミへ」、始まりましたね、
だけど、どうして忍足???
うん、もちろん忍足はだ〜い好きだけれど、
今まで青学のメンバーだったから、今月は絶対手塚だと思うじゃない?
手塚がしゅるしゅる〜っと降りてくるのを楽しみにしていただけに、
あらら・・・という感じでした。
こうなったら手塚は、何らかの形でスペシャルな出方をしてくれないと、
納得できないわよ。
(でも今日も、手塚で大吉だった☆)

「テイクフライト」の練習もいよいよスタート、
城田君、がんばれ〜〜〜!!

〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。
続きを読む >>
21:12 | 八重葎50.いわせ水 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
神の試練?
いよいよ今日から10月、
今日は六角中の貴公子、サエさんのお誕生日!
サエさん、お誕生日おめでとう〜♪
それでね、ちょっと思ったのだけれど、
四天宝寺の白石って、サエさんにちょっと似てると思わない?
白石も天秤座のような気がするんだけれど、どうだろう?
さぁそれは、40.5巻を見てのお楽しみ〜。

それと、「ブレーク!テニプリOVA」のサイトでは、
「テニスの王子様 100曲マラソン」のアンケートが始まりましたが、
ものすごく楽しみにしていた、隠しキャラの、
「10月生まれのみんな・・・」というのがなくなってしまったようです〜〜〜(泣)
かわいいかわいい手塚がしゅ〜っと降りてきて、
それをドラッグするのを期待していたのに・・・。
せめて、降りてくるようにはしてほしいですっ!!!
(でも今日は、手塚で大吉だった☆)

ところで、はうぅぅぅ・・・神は何と残酷なのでございましょうか・・・
今週のWJのテニプリ、「Genius360」のことでございます。

手塚が乗り移った仁王、
まさかこんな展開になろうとは夢にも思いませんでした、
仁王は大好きキャラなのだけれど、
その仁王がよりにもよって、手塚になるとは!!
もうあれで、手塚の試合を見ることはないのかと、ガックリと肩を落としたのも事実ですし、
確かに、仁王がこのままおめおめと不二に敗れる展開はなしにして、
仁王のトリッキーなプレーを見たいものと、
そのように祈った私ではございましたが。

これってもしかして、私が仁王を応援した罰なのかしら???
だってここで、手塚ファンにして青学を応援している私には、
究極の二者択一が求められているのでございますよ、
何しろ、

1、手塚(実は仁王)が勝つ!!
→立海大の優勝が決まり、
あれだけ青学の柱として責任感を負っている手塚の率いた青学は準優勝に終わり、
しかも手塚はドイツに行けない・・・
2、手塚(実は仁王)が負ける!!
→またしても、(偽者とは言え)手塚の負けを見なくてはならない・・・

ということでしょ???
うううむ、どちらがいいかって言われても、
どっちの結果になろうとも、身を切られるような辛さです、
手塚の負けなど、それが本当は仁王であろうとも、
もう絶対に見たくないですよ、
でも、青学の優勝のためには不二が勝たなくては、
いえせめて引き分けではないとダメじゃないですか・・・
ああ、胃が痛い・・・シクシクシク・・・
しかも手塚の誕生日の直前に、こういう展開になるとは。
神は手塚ファンに、どれだけの試練をお与えになるのでしょうか?
天性のオプチミストぬかきみも、ペシミスティックにならざるをえない、
誰か、助けて〜〜〜っ!!

はっ、一つだけ救いの道が・・・!!
赤也のプレーが危険と判定され、
D2の試合結果が覆される。
そうしたら、不二が手塚(実は仁王)に負けても、
青学に勝利の道は閉ざされないわっ!
でも、不二は負けないだろうし、
もし不二が負けたら、青学を応援している者としては、やはり素直には喜べないし。
しかも、次号休載???
うぁぁぁぁ・・・苦しみが止まらない・・・

と四転八倒して苦しんでいるにもかかわらず、今日から十月ということで、
若干早いですが、跡部のハピバ話を。
ええ、跡部の誕生日を祝う話なので(いや〜、祝ってるかどうか微妙な話ですが。笑)、
例によってふざけています。
それと、都合により、原作の設定とは違っています、
つまり手塚が、そのまま青学の高等部に進んでいるという設定です。
お暇でしたら・・・
続きを読む >>
21:38 | 八重葎50.いわせ水 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--