玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
手塚×白石の真相

 うふ〜、例によって「ジャンプSQ」の公式サイト、
11月号のお知らせと、連載陣のストーリー・登場人物の更新がありました、
もちろん「新・テニプリ」は、
登場人物は変わらずで、
ストーリーだけの更新ですが・・・
でも、11月号の発売まであと1週間ですよ、
4日のべ様のお誕生日は日曜なので、
3日(土)の発売になります♪
あ〜もう、来週は忙しくなるわ〜☆

ところですみません、ぬかきみ、間違っていました、
例の「ナニワの王子様・後編」の、手塚と白石の関係です!
アヤシイなどと言ってゴメンなさい、
手塚は浮気など決していたしません!
あれは以下のような展開だったんですよ。

小桃ちゃんと小薫ちゃんが、青学のオーダーを決められなくてオタオタしていた頃、
(もしくはその帰り)
実は小白石が小てづかの傍に歩み寄り、
こっそり告白してたんです、
「なぁ、跡部とは別れて、俺と付き合わへん?
俺、絶対大事にするし。」
(小白石)
って。
しかし小てづかは、こうと決めたら、その道をまっすぐに突き進みます、
既に小跡部様と恋人になっている以上、
気持ちがぶれることなどありえません。
「白石。気持ちはありがたいが、
俺は跡部と別れる気などない。」
(小てづか)
「そっか。けどな、手塚、
何もそんな、返事を急がんでもええよ。
俺の気持は真剣なんやし、
手塚がその気になってくれるまで、いくらでも待つ。
あ、そや、
手塚、携帯貸して?」
(小白石)
「ん? これか?」(小てづか)
「メアド、交換してな・・・これで、よし。
手塚がその気になったら、いつでもメールくれたらええやん。
俺、ずっと待ってる。」
(小白石)

という事がありまして、
その夕方、小白石が自転車に乗っているとき、
小てづかからのメールの着信音が。
(ちなみに小てづか専用の着信音は、「アヴェ・マリア」だったりする。)
「お! 手塚からや。
もうその気になってくれたんか!!」
(小白石)
いそいそと携帯を開く小白石。
しかしそこには、そっけない文面が。
「今日はすまなかった。
ところで急で申し訳ないが、
今からもう一度、合同練習を願えないだろうか。」
(小てづか)
小白石、一瞬遠い目。
何しろ、小てづかからのOKの返事だとばかり思っていたから。
けれども、もう一度今日のうちに小てづかに逢えるのなら、
そのチャンスをふいにする気持ちは毛頭ない。
すぐに全員にコートに集合のメールを送りました。

そうして夕闇迫る頃、四天宝寺中のコートから少しだけはずれて、
小白石と小てづかがまずは部長同士の建設的な話をしていたんだけど、
そのうち、やはり小白石は、小てづかを口説き始めました、
小てづかは小白石の真剣な告白を冷たくあしらうこともできず、
かと言って決して跡部以外の人と付き合う気などないので、
どのように断ったものかと悩んでいたところを、
小菊ちゃんに見つかってしまったのです、
なので、切なげな乙女表情を見せたに違いない!

そうして小跡部様は、小てづかがモテモテなことくらい、モチロン承知、
それでも小てづかの気持ちがぶれることなどけっしてないことをよく知っていて、
(でも、正直言うと、ちょっぴりヤキモキしながら)
小てづかを信じて、余裕の表情だと思います。

さて、先日、「ReReason」の夏樹様から、
バトンを頂戴しました、
「タイトルなしバトン」というのですが、
夏樹様のリクエストにより、手塚設定でお答えしております、
でもぬかきみお友だち少ないから、かなり苦しい状態になっております、
ゴメンなさい!
もし、おヒマでしたら〜。


続きを読む >>
20:23 | 八重葎・雑 | comments(6) | trackbacks(2) | pookmark
「まず自らを知れ」バトン

 今日は、バトンにお答えします、
お友だちの日記に出ていたバトンで、
ご指名を戴いたような気がするので戴いてきちゃいましたが、
もしかしたら私じゃなかったかも・・・って、
ちょっと不安でもあります、
何しろ私、自意識過剰の自覚があるので、
「コレ、私のことかしら〜♪」って舞い上がって、
実は違ってたりするかもしれないから。

それと、このバトンはGW前に出ていたのに、
今ごろのお答えになってしまって、
もしご指名を戴いていたのだったら、
お返事が遅くなって、それはそれで大汗なんです。

それで、バトンの名前は「まずは自らを知れ」バトン、というのですが、
何しろ自分を分析するような内容で、
ついついまじめに答えてしまいました、
なので、読んだ方はおもしろくないかもです、
それでも読んでやろう、とおっしゃる方は、「続き」からどうぞ〜。

続きを読む >>
23:26 | 八重葎・雑 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
あなた色バトン

 今日のNHKBShi「名曲探偵アマデウス」は、
ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」でした〜、
あ〜ん、もう、この曲大好きなんです〜〜〜、
ピアノでも弾けるのだけれども、
(ぬかきみはこの曲、オケよりむしろ、ピアノの方が好き)
右手の最初のgの音を弾く段階で心が震えて涙が出そうになるほど好きです。

それでね、胸が痛くなるほど繊細で透明で美しいこの曲、
手塚のイメージがあるんです。

どんな曲か聴いてみたい方、ピアノ版でしたら、
たとえばコチラで。↓(冒頭のhはずしています)

ttp://www.voiceblog.jp/andotowa/441708.html

この演奏は、やや硬質な、男性的な印象ですね、
ぬかきみはもうちょっとたおやかに弾く方が好みだけれども。

そうそう、映画「ROOKIES」が、12日クランク・インだったんですよね、
五十嵐君の日記で先に知ってたのだけれども、
ということは、もう、「バチスタ」の撮影は終わったのかしら?
(そもそも、何話で完結なのかしら???
来週、第6話で犯人がわかるとしたら、
多分折り返し地点は過ぎてるのかな?)
だってね、やっぱり新庄は金髪でしょ?
(それとも改心―?笑―して、
もしくは高校球児だからということで、金髪はやめたかな?)
もしも氷室先生が完全な二重人格者だとしても、
ドラマの中でスーパーサイヤ人に覚醒するとは思えませんし。(笑)
そうなると、氷室先生と並行しての撮影は難しいと思う。
そう言えば、岡田のドレッドヘアも気になります、
だって、切っちゃったんだものねぇ?

まぁ、髪型のことは置くとして、気になるのは、
「ROOKIES」は高校野球の話だから、
まぁ、この先の話はどう展開していくのかわからないので推測ですが、
やっぱり夏場の話が中心になると思うんです、
でもね、撮影は冬場でしょ?
野球は屋内でやるわけにはいかないし、
きっと気候的に辛いものがあると思うの。
城田君だけではなく、キャストもスタッフの方も、
風邪などひかないように気をつけてほしいものです〜〜〜!!

さてさてバトンを頂戴してから回答までにものすごく時間がかかってしまいましたが、
「くされおなご」の咲耶姐様から、
「あなた色バトン」というバトンをいただきました、
やっとお答えいたします、
ホントに有り難うございます〜、遅くなってゴメンなさい!
咲耶姐様によるとぬかきみのイメージカラーは赤だそうですよ、
燃えるぜ、バーニング♪

 

続きを読む >>
22:09 | 八重葎・雑 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
タキシード仮面様〜♪(26日日記です)
こんばんは〜、
OVA「全国大会篇 Final Vol.1」レンタル争奪戦に、
二日連続敗れているぬかきみです。
以前も書きましたが、このレンタルのパッケージの手塚が、とても美しい。
もしもこのDVDを購入するとしても、
レンタルの方のパッケージでお願いしたいです!

今日の「ROOKIES」は、もう最高に泣けました、
実は本放送を見た後、すぐさま、もう一度録画を見直して、
二回ともぐっすぐす泣いてしまって、
今でもまだ感想がまとまらないので、
この感想はまた明日、もう一回見てからでも。
(本放送とほぼ同時にYAHOOライブトークもアクセスしましたが、
ついつい本編の方に気持ちが行って、
かえって気が散ってしまうくらいだったので、
消してしまったんです、
でも、今日初めて見るというメンバー達の、
真剣な顔つきが印象的でした、
見てる間はほとんど一言も発しないんだもん、
まぁそれもむべなるかな、ですがね。)

ただ、最後の最後に、家族で「ッシャ〜ッ!!」って叫んだことは、
言うまでもありません、
ガッツポーズ!!!

それで今日は、番宣としてみんなが参加した今日の番組のうち、
私が見られた「王様のブランチ」(BS-i)の感想を。

前半部分は、ほとんどのメンバーが集合して、
(昨日のほとんどの番組もそうでしたが、
ミコちゃん役の小出君は、きっと手術後の養生のためだと思うのですが、
お休みでした、
じっくり休養してね!)
簡単なトークと、ストラックアウトでした、
今回も一人1万円の焼肉弁当をかけてのゲームでしたが、
(ホントに焼肉弁当が好きなんだから!!)
惜しいところでクリアできませんでした〜、残念!
「リベンジは今夜の放送で」ということでしたが、
リベンジしてお釣が来た感じでしたね。

それでぬかきみ的に楽しかったのは後半、
こちらでは「ルーキーズメンバーが姫とデート」という設定で、
城田君と中尾君(関川役)・佐藤健君(岡田訳)・五十嵐君(湯舟役)の四人が、
新マネージャーの「姫」をエスコートして、
中尾君のおススメの中野ブロードウエイでデートするというもの。
「まんだらけ」、
名前だけは知ってましたが、初めて見ました〜、感激!!

そこで古本のおもちゃを見たり、フィギュアなどを見たり。
あ、ここで、ウルトラマンメビウス(五十嵐君)と、
仮面ライダー電王(佐藤君)が、
変身を見せてくれました、二人のヒーロー姿も初めて見た〜!!
そこでお宝鑑定をしてもらってましたが、
城田君のピンクのギズモ(出た〜〜〜っ!!笑)シリアルナンバー入りは、
7,000円という買取金額がつきました、
でも、「城田優さんused」とかついたら、
お値段、跳ね上がるんじゃ?

その後、カード館に行くと、
何と城田君がタキシード仮面していたときのカードが売ってましたよ〜、
(「セーラームーン」のミュージカル。18歳の時)
それで、タキシード仮面として歌ってる場面も流されました、大感激〜〜〜☆
それと、城田君が「今晩7時からROOKIES2時間スペシャル、見てね♪」を、
要所要所で言ってましたね、
息子に大うけでした。

それから特大ソフトクリームを食べて、
(これ、一度食べてみたい!!
これで390円では安いと思うよ、
食べにくそうだけれども。)
ダーツのお店に。
ここで城田君・佐藤君・五十嵐君チームVS中尾君・姫チーム(ハンディ150点)で、
ダーツの対戦をして、
負けたほうが罰ゲームでコスプレをして中野ブロードウエイを歩く、というものでしたが、
驚いたことに、五十嵐君はラーメン・キングだけでなく、
ダーツ・キングでもありました、
それでもハンディ150もあって、
城田君・佐藤君・五十嵐君チームが惜しくも負けになったのですが、
最後の一投が姫の指定したところに的中したため、
結局五人でコスプレして、中野ブロードウエイを闊歩したのでした〜。
それでね、姫がメーテル、
城田君がアムロ・レイ(金髪大柄ですが・・・笑)、
中尾君がシャー・アズナブル(ちょっとっ!モヒカンのシャーなんてありえませんっ!)、
五十嵐君が剣心、でしたが、
佐藤君のコスプレ、私わからなかったの、
ご存知の方いらっしゃいますか〜〜〜?

でも、すっごく楽しいコーナーで、
みんなの仲良しぶりも、ヒシヒシと伝わってきました☆

そうそう、言い忘れましたが、
今週発売の「コミックモーニング」は、
表紙が、スパニッシュ幸村(笑)のチェーザレです、
う〜ん、美麗。
これで16歳ですからね、
手塚の15歳も何の違和感もありません!!


ではでは、昨日・・・というか、もう一昨日になってしまいましたが、
予告どおり、バトンにお答えします。
いただいたバトンは「好きな芸能人バトン」。(笑)
モチロンお題は「城田くん」ですよ、
咲耶姐様、どうも有り難うございました〜☆
おヒマな方は、どうぞ・・・
続きを読む >>
00:47 | 八重葎・雑 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark
薄紅のVサイン
まずは、お詫びから。
お友だちに教えてもらったのだけれども、
(私信です。ありがと〜♪)
12日の記事の書き方がよくなくて、
(紹介したアドレスの一つが長すぎたのが原因でした)
記事が、blogの下のほうにずずずい〜っと下がってしまっていたのです、
実は私はそれに気がついていたのだけれども、
アドレスを載せていたほうがいいかな、と思っていました。
でもお友だちが心配して声を掛けてくれたので、
「そうか〜、これでは『記事がない!』って心配になるよね・・・」と反省し、
今日のお昼、そのアドレスを消して、
崩れてしまっていたレイアウトを、元通りにしました。
ご心配いただいた方、ゴメンなさいね!

さてさて、コチラの地方では、今日もまた、猛暑でございました。

〈薄紅のVサイン〉

「あっち〜、これでまだ梅雨明けしてねぇ?
ふざけんな!」
(小跡部様)
「だが、この天気のお蔭で、
部活の練習が休まずにできるというのは有り難い。」
(小てづか)
「まぁな。
だが、日差しが強すぎんだろ?
日焼け止めつけといても、すぐに汗で流れちまう。」
(小跡部様)
「そういえば跡部、ここ・・・焼けているな。」
(小てづか。小跡部様のシャツの前開きから覗く、薄っすらと日焼けした胸元を、
人差し指で触れてみる。)
「俺も・・・少し焼けた。」
(小てづか。自分のシャツのボタンをはずして、
部活中はユニの前開きのボタンをはずしているせいで、
薄紅色のVの字型に日焼けしている胸元を、
小跡部様に見せる。)
「ちょ、待て!
こんな人目のあるところで、不用意にボタンをはずすんじゃねぇ!
このVサインは、俺様だけのものだ、
誰にも見せんなよ。」

(小跡部様。白い胸の上に浮き上がる薄紅のVサインに、
恭しく口づけたのでした。)


ところで、昨日の「ダ・ヴィンチ」の「TEAM男子」の記事で、
見落としていたところがありました、
テニミュのことも、「TEAM男子」として取り上げられていたんです、
「ミュージカル『テニスの王子様』はよくできている。
主役だけが目立つわけではない構成。
ライバル校のほうが活躍しちゃうこともある。・・・云々」
う〜ん、確かにテニミュも「TEAM男子」ですよね〜、
きっと今ごろは、練習も佳境に入っていることでしょう、
ぜひぜひ、頑張ってほしいですね♪

そうそう、TBS系列では、明日15日9:55AMから、
「ROOKIES」の再放送が始まるみたいですね〜、
いいな〜、どうしてコチラの局ではやらないのだろう?
今週の土曜日からは最終章に入るので、
途中でバレーが入って放送も飛び飛びになったことだし、
もっとPRすればいいのに、と思いますよ・・・


返り言

死にぞこないの青について・・・
キャ〜、有り難うございます〜、
「死にぞこないの青」の映画をご覧になった方の日記を紹介していただきました、
教えていただいたとおり、
城田君、「はまり役」って書いてありましたよ〜♪
うう〜、早く見てみたいです、
それにしても城田君は、不良役もいいけれども、
こんな雰囲気のある、美形の活きる役が増えるといいですよね〜。


さて、乙女のぬかきみにぴったりのバトンを、
「くされおなご」の咲耶姐様から頂戴しました〜、
(有り難うございます〜☆)
たいしていい回答にはなっていないと思うのですが、
おヒマでしたら・・・
続きを読む >>
23:27 | 八重葎・雑 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
ご報告〜。
今日は本屋さんで「MEN'S NONNO」、見てきましたよ〜、
モチロン、城田君チェ〜ック♪
表紙がバ〜ンとキムタクでしたが、負けるな〜!!
それで出ていたのは、
「ただ今花ざかり! フレッシュ男子10人が登場!
この人たちの最速春スタイルを見逃すな!!」という企画で、
ドラマ「ROOKIES」に出てくる、特に中心的なキャラの4人ということで取り上げられているのでしたが、
城田君は白のTシャツにジーンズ、
スモーキーなグリーンの短めブルゾンといういでたちで、
それだけでカッコイイのだ。
女性に鑑賞されるというのもいいけれども、
こんな風に男性誌でモデルをするには、
男性からの好感度も高くないといけないと思うので、
取り上げていただけるのは嬉しいな〜と思うのであります☆

その記事によると、城田君の演じる新庄は、ものすごい武闘派(?)のようで、
小出君扮する御子柴は、確かキャプテンなのだけれども、
新庄にボコられて、雑草をむしっているような性格なのだとか(笑)
そう言えば、「TVぴあ」だったかな、小さいけれどキャストの写真が出ていて、
みんな学ランでしたが、悪そうに前を開けてました、
でも、「ワルボロ」のときみたいな髪型じゃないみたいでよかった(笑)、
アレで私に免疫がついたということかな・・・?

それと「TVガイド」にも、
「うるうる図書カードプレゼント」という企画で出ていましたが、
その写真が色っぽいのよ〜、
まなざしもヨイし、
いやもう、そのプルプルの唇が何とも・・・うふふ、見ているだけでうふ〜♪

さてさて3月3日に、「清風帷簾」の終了のお知らせをして、
今日で10日たちましたが、
思いがけずたくさんの方々から暖かいメッセージをいただき、
本当に感激しております。
それで今日は、中間発表、というか、ちょっと心境の変化もありましたので、
それについてご報告申し上げようかな、と。

ええっとまず、ご心配を戴いておりました「清風帷簾」はやはり終了します、
これは原作が終わり、
さらには仕事が忙しくなるだろうこともあって、
「テニプリ」の話題の絶対量がどうしても少なくなっていってしまうことが予想されるために、
「テニプリサイト」と名乗るのがおこがましくなってしまうという思いがあるので変わらないのですが、
3月いっぱいをめどに、という当初の予定は、
4月にずれ込む見込みです・・・大汗。

なぜなら、「清風帷簾」として、
跡塚のゴールインをきちんと発表した後に終了したいと考えておりまして、
その方針は変わらないのですが、
今、その前に書きかけになっている話が二つありまして、
その二話のほうを、時期的なものもあるので、先に発表したいのです、
そうするとゴールイン話はその先になります。
しかも見込み以上に用事が増えてしまい、
とても3月中に三話とも発表することは困難と考えます。
「3月で終わり!」と言っておきながら前言を撤回するのは心苦しいのですが、
そういう状況です。

それから「玉櫛笥」ですが、
こちらは―やっぱり前言を翻すことになってしまうのですが―今後も存続の予定です。
本当はこちらもすっぱり終わってしまうつもりだったのですが、
やっぱり自分の中から跡塚を切り離すのは時期尚早で、
時間的な関係で、
きっと書く量は減っていくとは思うのだけれども、
でも、「テニプリ」が大好きで、手塚と跡塚を愛している以上、
私の頭の中にはまだしばらくは跡塚とそれをめぐる人々は渦巻くと思う、
それを聴いていただける場は「玉櫛笥」しかないと思うのです。

なので、規模は縮小する可能性が高いのですが、
細々とながらでも自分の気が済むまで、しばらくは「玉櫛笥」は続けて行こうと。
なので、今後も時間の許す限り話も書くし、小跡部様と小てづかも登場するだろうし、
今まで「玉櫛笥」に載せた話etc.についても下ろすことなく、
このままのスタイルで進むと思います。
城田君の応援も、私の日々の雑感も書くのは今までどおりです。

以上、今のところの心境です、
ご心配いただいた皆様、本当に有難うございました〜!

今朝は洗濯物を干している時、
どこからともなく沈丁花の香りが漂ってきたんですよ〜、
私も大好きな木なのだけれど、
ウチには植えてないの、
どこで咲いてるんだろう〜?
春の香りで、幸せな気持ちになりました☆

明日はホワイト・デーだけれど、私は、バレンタイン・デーのお返しは、
昔っからマシュマロが好きなんだけれどな〜。
でも、固くてゴムみたいなのは好きじゃないですよ〜!(笑)
ココで叫んでも仕方ないけれども。
あと、「マシュマロを食べると胸が大きくなる」といううわさが一時期ありましたが、
少なくとも私は、その反証です!

ところで、考えてみたら昨日は、極めて美しい天使の微笑みの後に、
バトンの極めて下品な回答を載せてしまった、(大汗)
天使を汚してしまったのではないか、と甚く心配しておるのですが、
実は、後半の今日はさらに品がない回答になっているので、
下品な話にはついていけないわ、とおっしゃる方は、
どうぞご用心くださいませ。(笑)

〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。なおこの先は、15歳未満の方はお読みになりませんよう、お願いします。

※いつも「清風帷簾」「玉櫛笥」に遊びに来てくださり、
どうも有り難うございます〜♪
今週末は忙しいので、
明日14日(金)〜17日(月)は、お休みするかもしれません。
できるだけ時間を見つけて、ちょっとでも書こうと思ってますが、
お休みしたらゴメンなさい!
それと、メッセージのお返事も遅くなると思います。
続きを読む >>
21:43 | 八重葎・雑 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
天使の微笑み
キャ〜キャ〜、大感激です〜、
「ROUTE590.4」のミツクニさんから、
あの、微笑む手塚の絵を頂戴できたのですよ〜〜〜☆
(「ROUTE590.4」へは、「清風帷簾」の「縁」からつながっております♪)



ミツクニさんも手塚を強く強く愛しているお仲間で、
その描く絵の透明感のある美しさに、
私は一目でノックアウトされてしまったのですが、
そのミツクニさんがもしかしたら描く最後になる手塚かもしれないということ、
きっと思い入れの強い手塚絵だと思いますのに、
快く承諾してくださいました、
ホントにホントに、どうも有り難うございます〜!
この「天使の微笑み」は、
「清風帷簾」の「螺鈿の厨子」にも納めさせていただきました、
はぁ〜、嬉しい・・・

今日は、私は美容院でカットとカラーをしてきました。
私は特に担当さんを決めていないので、
(仕事の関係で、その日たまたま空いた時間に行くことになるので、
そのときにお願いできる方にお願いしています)
どんな方が担当してくださるか、美容院に行くまでドキドキなのだけれど、
今日の担当は、イケメン風(笑)お兄ちゃん♪
いや、これは褒めています、
何しろとってもおしゃれで、感じがよくて、爽やかで、
若いのになかなか丁寧で上手でした。

それでね、彼はカラーリングの時、素手だったんですよ、
でも全然荒れてなくてなかなかきれいな手で、
(手がきれい、というのは、ぬかきみ内ポイント高し!)
なのにやっぱり仕事柄、指先だけがちょっと茶色っぽく染まってる、
それに何とはなしにキュン♪としました。

最後の仕上げのブローの時には、
そのお兄ちゃんに加えて、
もっと若いかけだし風の、しかもやっぱりイケメン風お兄ちゃんの二人がかりで、
左右両側からブローしてくれて、
「両手に花〜☆」
状態でした。
その美容室は昼間の雰囲気で、全然妖しい感じはないのですが、
こんな若い子たちにかしずかれるというのは、
なかなかいい気分で、癒されましたわ〜♪

家に帰って、私を出迎えた次女に、「どう?かわいい?」って訊いたら、
「できるなら、3日前にそうしてほしかった」
と、ボソッと言われました、
実は2日前に、次女の個人面談だったのですよ、
ということは、次女なりの最大の賛辞なのだと思います、
うふっ、かわいいらしいですよ、私。

さてさて今日は、昨日ちらっと書いたとおり、
「猫耳キャラバトン」にお答えしています。
私のお題は「猫耳跡部景吾」です、
もう、妄想がムクムク湧いて、ものすごく遊んでいますので、
予め、お断りしておきますね、
いろんな意味でゴメンなさい!!
それと、長〜くなってしまったので、(笑)
今日は前半部分です、後半は明日の予定♪

〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。なおこの先は、15歳未満の方はお読みになりませんよう、お願いします。
続きを読む >>
21:40 | 八重葎・雑 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
コレです、コレ!
キャ〜ッ、「交渉人」の来週の予告を御覧になりました?
コレですコレです、って言っても何のことかわかりませんよね、
あの、昔の写真が出てきたでしょ?
まりやんと、あと何人かが写ってる写真。
先日、私が「柳川Pの撮影日記」で見た、幻の写真は、
あれと全く同じかどうかはわからないけれど、
だいたいあんな写真だったんですよ、
やっぱり「まりやんと仲間達」だったのかな・・・?
(いや、あんまり無責任なことは言えませんので、
これくらいにしておきます)

それで、感想とかは書き始めると長くなるので、
また明日にでも。

ところで今日発売された「週刊文春」に、
「ここが裏見どころ『冬ドラ・ヒロイン』ぶった斬り」という記事がありました、
我が「交渉人」の米倉さんも、槍玉に・・・
それと、ドラマ「交渉人」について、
「内容のありえなさったら。」
って書いてありましたが、
ドラマってリアリティを追求すればいいと言うものではないのでは?
実際にはありえないことでも、表現できてしまうのがフィクションの面白さだし、
これがいかにもありそうな話ばっかりだったら、
今度は逆に、「陳腐でつまらない」って評価になると思う。
それと、
「本物の警視庁から訴えられかねない目線で描き出す」
ってありましたが、
誰もこれが警視庁の実態をリアルに描いた話だとは思っていないんじゃないかな、
それに本物は、こんなドラマに対して訴えを起こすような、
狭量な警視庁でもないと思うけれども。(笑)

まぁでも、「文春」の発売日が「交渉人」のON AIRの日でもあるので、
これで取り上げていただけていると言うことは逆に、
注目してもらえるかもですよね♪

毎シーズン、ドラマが始まって一月ほどたってこのような記事が出るので、
辛口のドラマ評は全然驚くには当たらないのですが、
一応、今期のドラマの評判が確定してきたな〜という感じですね。
それで、それとは別に今日、こんな記事を見つけました。↓

ttp://contents.oricon.co.jp/news/movie/51746/full/

これは、まだ今回の冬ドラマが始まる前に調査された、
「ドラマ期待度ランキング」です、
こうやって見ると、実際の視聴率とはなかなか一致しないものなのだな〜と。
定評のある原作・人気のあるタレントを使うことが即、
ドラマの視聴率に直結すると言うわけではないのだな〜、と、
つくづく思いました。

でもその記事の中で、城田君もちゃんと「注目の若手」として挙げてもらえていることが、
一番の収穫です♪
「ルーキーズ」も、撮影は3月かららしいのですが、
もう活動は始まっているようですね、
家族で楽しめるドラマのようなので、これはこれで期待しています、
どんな不良高校生なんだろう・・・?

さてさてご心配をおかけしておりますギックリ腰ですが、
おかげさまで徐々に快方に向かっております、
まだまだ痛いのですが、寝込んでいる必要はない感じです。
ただ、どうしてもあまり歩けない関係で、
「てくてくエンジェル」の「くにちゃん」が、
昨日からゴキゲンななめです・・・
「ぺろジェル」という、活発な女の子に育っていたのですが、
今は一段階前の「もんジェル」(おさる)に戻ってしまいました、
このままでは、今まで見たことがない、あんまりよくない方向性のキャラになっていく可能性も・・・
ただ、くにちゃん育成のために腰を痛めてしまったのでは本末転倒なので、
今回はしかたがないとあきらめます、
くにちゃん、ゴメン、元気になったら、頑張って育てるからね!!

本日は、「くされおなご」の咲耶姐様から声をかけていただいた、
もう一つのバトン「管理人バトン」にお答えしております。
これで、ぬかきみの正体があばかれる・・・か・・・な?
お暇でしたら・・・
続きを読む >>
22:51 | 八重葎・雑 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark
芋ようかんと小国ちゃん5歳
今朝の「おねがいマイメロディ すっきり♪」は、
「アフリカですっきり?」。

ニュースで流れた、アフリカの野生児の話、
それを見た歌ちゃんたちはびっくり!
その野生児は、何を隠そう、潤君でした・・・
セバスタンに確認すると、
潤君はアメリカ行きの飛行機に乗るはずだったのに、
間違ってアフリカ行きの飛行機に乗ってしまったのだと。
(あれ?
兄の恵一は、プライベート・ジェットを使っていたのではなかったかしら?
次男は冷遇されている?)
だからって、野生化するでしょうか〜?(爆笑)

野生化してジャングルで暮らす潤君を探しにいく仲間達、
ようやく見つけた潤君を何とかつかまえようと、
マイメロちゃんが潤君の好きなお菓子でおびきよせようとして、
かじられてしまいます。
そうして駆が、潤君の好きなアイドルの写真をつけた檻を用意したところ、
あっという間に潤君がつかまったのですが、
すぐにプンプン化して、檻を破壊して出てくると、野生動物たちを呼びつけます。

そうしてキリンにつかまってしまった歌ちゃんの巻き毛を見て骨付き肉を想像した潤君、
歌ちゃんに食いつこうとしましたが、
駆はマイメロに頼んで、自分を子羊に変えてもらい、
潤君が自分に食いつくようにしむけます。
駆子羊に食いつく潤、
しかしその痛みに耐えながらも「潤と俺はダチだから」みたいなことを言うと、
駆の匂いからも駆のことを思い出した潤君が、
かつての自分を思い出した、という話でした。

いいな〜、男の友情。
駆君、カッコいいわよ〜♪
それにしてもセバスタンのチョロ毛、
探検帽をかぶったら、そのてっぺんからちゃんと出てるのね、
それがえらくかわいかったです♪

ところで今日は、おやつに「芋ようかん」を作りました、
ええ、もちろん、先日の「交渉人」を見て食べたいな〜などと漠然と思っていたら、
お買物でおいしそうなサツマイモが「お買い得!」だったんですよ♪
これが案外簡単に作れるんです、
もちろん、専門店みたいな上品なものにはならないけれど、
家で食べるおやつとしては十分では?



簡単なので、レシピを書いておきますね♪
(注:ここは、こだわりのお料理サイトではありません。
あくまでも大雑把なぬかきみが、簡単に作れるもののレシピですよん。)
分量は作りやすい量で書いていますが、
もちろん、手元にあるお芋の量なんかで加減していいです。
大昔の「オレンジページ」の増刊号に載っていたレシピを、
ぬかきみ流に若干アレンジしたものです。

〈芋ようかん〉
.汽張泪ぅ癸毅娃哀哀薀爐呂れいに洗い、
大ぶりに切って水にさらし、完全に火が通るまで蒸す。
(大きさにもよるけれど、30分くらいはかかると思っていい)
熱いうちに皮を厚めにむき(正味400グラムぐらいになるけれど、だいたいで可)、
まず泡立て器で細かく潰し、さらに木ベラやすりこ木などで丁寧に潰す。
丁寧に作りたいときには裏ごしする。
F蕕某紕魁殖殴ップ(300cc)、上白糖80グラム、粉寒天小さじ2、塩少々を加えて混ぜ、
中火にかける。
煮立ってきたら、つぶしたサツマイモを加え、
粒があるようなら木ベラで潰しながら、全体が滑らかになるように混ぜ、
ふつふつと煮立ってきたところで火からおろす。
い垢阿貌蘢譴鮨紊砲弔韻萄ぜ、粗熱が取れたところで、
クッキングシートをひいた容器に流し込み、表面を平らにならす。
そのまま冷まして、固まったらシートごと容器から取り出し、
好みの大きさに切り分ける。

お芋を蒸すのは、時間がかかって・・・ということであればレンジで加熱してもいいのだけれど、
私は、お芋のおいしいのは、
焼き芋>ふかし芋>茹で芋>レンジ加熱
だと信じているので、
せっかく作るならおいしく、というわけで、やっぱりふかします。
ただ、主人以外の家族はみんな、ふかし芋が大好き、
なので、お芋をふかしているとみんな寄って来るので、
ようかんにする分とは別に、ふかし芋として食べる分も一緒に蒸すことになり、
大鍋いっぱいに並べて蒸します、
でも寒い日のふかし芋は、それだけでおいしい〜♪

それと、お芋の品種によっては粘り気が強くて、
寒天で固めなくても、お芋を蒸してお砂糖を加えて固めるだけでも芋ようかんになるものもあるようですが、
しっかりと固まったもの、ということであれば、
やっぱり寒天を使ったほうが失敗なくできると思います。
そのほうが切り口がきれいになるんじゃないかな。

手塚の、亡くなったお婆様(国一爺様の奥様)は、
粋な方で、舟○の芋ようかんなどを、お茶請けに召し上がっていたかも。
きれいな黄金色で、すっぱりとした腰高の直方体の芋ようかんを、
黒っぽいお皿に盛ると、なかなか造形的にもモダンで美しいですよね♪
お茶も、深い緑色が美しい。

「あ、お婆ちゃま、お帰りなさい!」
(小国ちゃん。大好きなお婆ちゃまのお帰りが嬉しくてたまらず、
走ってはいけないと言われているから、廊下を精一杯の早足で、
玄関までお迎えに出た。)
「ただいま、ほら、お土産の芋ようかん。
国ちゃんも一緒に食べましょうか?」
(小お婆様)
「ハイ、お婆ちゃま!」(小国ちゃん)

きちんと正座して、楊枝に取った芋ようかんをおいしそうに口に運ぶ小国ちゃん5歳は、
食べてしまいたいくらいかわいらしかったに違いない・・・

さてさて今日は、
「くされおなご」の咲耶姐様から「よかったら〜♪」とお声をかけていただいた、
「創作ぶっちゃけバトン」にお答えしています、
咲耶姐様、どうも有り難うございます〜☆
長いのですが、もしお暇でしたら・・・
続きを読む >>
21:43 | 八重葎・雑 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
城田君&眼鏡’s
まずは城田君、22歳のお誕生日おめでとう〜☆

2007年は、城田君にとって、大きな躍進の年だったと思います、
ドラマに3本・・・特に「花君」で、神楽坂役をさせてもらったのが、
知名度UPに大きく貢献したと思います。
それと、宮本亜門さんのミュージカル「スウィーニー・トッド」と「テイクフライト」に出演、
歌唱力や演技力にも磨きがかかったと思います。
さらに出演映画が三本公開され、今年も一本撮って、
ファースト写真集をはじめ、雑誌にもたくさん取り上げられて、
ファンとしてもどんどん大きくなっていくのが感じられて、
とても嬉しくて幸せな1年でした。

でもでもまだまだ可能性が無限に広がっていると思うので、
これからも初心を忘れることなく、
(ワタナベプロのミキ社長のブログにも、以前、こうありました。
「彼にとって今年は、努力が一気に報われる良い年になりました。
こんな時こそ、感謝な気持ちが大切だね!」)
さらに大きくなってほしいです、熱烈応援してます〜☆

それで、お誕生日を祝して、と言うと畏れ多いですが、
今日の日記の続きに、「盲目バトン・城田優編」を書いています、
(ゆみかさん、ご指名どうも有り難うございます〜♪)
お暇でしたらどうぞ。

それと、「賢者の贈り物」、
たくさん読んでいただけたようで、どうも有り難うございました〜☆
私は跡塚がそのまま普通の男女のカップルに置き換わるような話ではなくて、
跡塚じゃないとダメな話を書いているつもりなのですが、
全く好き勝手に書き散らしておりますので、
悦んでいただけていますかどうか・・・汗。

さてさてWJの続きですが、
今週のアニプリは、「テニプリキャラと一面の銀世界へGO!!」でしたね、
新しいブロマイドや、「ミニクリアポスター」「メタルフォト」などが紹介されていましたが、
仁王が!!・・・な〜んか乙女のように見えるのだけれど・・・(笑)


〈ミニクリアポスター&メタルフォト〉

「てづか〜、てめぇ、何でシャツの前を開けてんだよ?」(小跡部様)
「これか?
スタジオは暑いから、と、不二がボタンをはずしてくれた。」
(小てづか)
「あ〜ん? 不二にはずさせただと〜?
油断しすぎだ、許せねぇ!!
お前が人前ではずしていいボタンは一番上の一個だけだからな、手塚。
それ以外のボタンをはずすのは・・・*パッチ〜ン!* 俺だ!!」
(小跡部様)

さてさて、今日ようやっと「踊りませんか? 眼鏡’s」が届きました〜♪
ところが忙しくて、
まだ途中までしか、それも1回しか聴けてません、
なので、今日は感想のさわりだけ・・・

いや〜、あのイラスト(跡部家サロンか?)と歌詞から、
もうちょっとしっとりとした曲なのかと思ったら、
ラテン系でしたわ〜♪(爆笑)
でね、歌詞がちょっとアレなのよ、と思ったら、
作詞・作曲が木内さん(忍足声)だった・・・
何しろあなた、
「赤く熟れた果実 ベルベットのドレスで・・・」から始まって、2番は、
「青くて純な果実 熱くむせぶ香りに
何処までも墜ちてゆく だけど許してたもれ」!!(爆笑)
この「たもれ」は、1番の「アモーレ」と呼応しているのですけれどね。

そしてね、歌の途中で「ん〜っ*chu!*」って、
口づけの音が入っているのだ、
うは〜!!
(残念ながら今日のところ、どなたの声だったかわからなかった・・・)

さらにトークのほうは、置鮎手塚が絶好調だったようでしたが、
何しろ時間の都合で最初のちょこっとしか聴けなかったの、
明日はもっとよく聴いて、感想を書きますわね。

それでは、青くて純な果実、ぬかきみの盲目語りを・・・
続きを読む >>
22:04 | 八重葎・雑 | comments(2) | trackbacks(5) | pookmark

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--