玉櫛笥

(たまくしげ)
手塚を愛する額田王が、跡部様のお力をお借りして、手塚の幸せを追求します。
城田優君も応援しています。
BL要素もありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
手塚のお味

 ふっふっふ、
「テニスの王子様 完全版」のツイッターの背景が、
昨夜までは一面のハ二プリ跡部様だったのに、
今朝はきっちり一面のハ二プリ手塚になっていたのを確認してほっとしています。
でも、さすがだな、跡部。」、
今までのキャラは誕生日の翌日にはもう、「一面」ではなくなっていたのに、
跡部様だけは4日〜6日の三日間、
ずっと一面跡部様でしたからね!
まぁまぁとりあえずぬかきみとしては、
手塚が忘れられてなくてよかったな、と。

それで、楽しみにしていた手塚クッキー
いただきました〜、
「ゴメンね、ゴメンね、できるだけ痛くしないからね」
みたいに、微妙な(笑)言いわけをしつつ・・・
お誕生日にいただいた手塚は、
予想どおり、ほんのり甘くて優しい味でした。
1枚でけっこう、食べごたえもあり。


それと、とうとう昨日から始まった「バクマン。」第3シリーズ、
うわ、OPとEDの曲にはまだ慣れないな〜、と思いつつ、
ちゃんと「バクマン。」ワールドが展開されていて嬉しかったです、
最高と亜豆ちゃん、
ホントに初々しくてかわいかったです♪
それにしても岩瀬、
ますますこわい〜〜〜。


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。なおこの先は、15歳未満の方はお読みになりませんよう、お願いします。


 

続きを読む >>
21:25 | 八重葎95・ハンガリー狂詩曲 第2番 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
手塚、お誕生日おめでとう!!

 手塚、お誕生日おめでとう!!!

今あなたは、ドイツで何をしているのやら・・・(涙)
本編で全く姿が見えないのが取っても淋しいのだけれども、
きっときっとさらに強さに磨きをかけて、
何らかの形で戻ってきてくれるのでは・・・と、
淡い期待をまだまだ捨てきれずにおります。

はっ、そうよ、
樺地が合宿から退場になったのは、
実は跡部様の命令で、手塚の身辺警護をするべくドイツに向かうために違いない!
だから、アレはわざとだったのよ・・・(大汗)

さてさてこの「玉櫛笥」を初めて、そろそろ7年。
(そうなの、「玉櫛笥」もてんびん座生まれ、
柳生と同じお誕生日です。)
毎年二人のお誕生日をお祝いしてきたわけですが、
今年も・・・ゴメン、話があまり書けなくなって情けない限りではありますが、
それでも心よりお祝いしたいと思います。

ぬかきみはこのお誕生日、個人的にとっても楽しみにしていることがあって、
実は、例の「手塚クッキー」、
まだ食べずに取ってあるのを、
今日こそ食べようと思っています!
そうなのよ、手塚の顔をむしゃむしゃ食べるなんて、ちょっとやりきれないんだけど、
でも、ほかの人に食べられるのはもっとイヤなので、
手塚を一人占めさせていただいちゃいますっ♪


 

続きを読む >>
00:00 | 八重葎95・ハンガリー狂詩曲 第2番 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
今週の「純と愛」

 そうです、それで連続テレビ小説「純と愛」、
毎朝家族を送り出した後、
ほっと一息の時に見るようにしているんですが、
案外、スピーディな展開にびっくり。
まぁ今週はまだ導入部分で、設定の説明的要素も多かったと思うので、
そういうところもあるのかな、とは思うんですけど、
ほのぼのしみじみ系かと思いきや、
以外にまったりしてない。(笑)
特にあのおばあさんのシーンには笑ってしまいました!
あと、同僚の千香ちゃんの豹変ぶりにも・・・

それで、愛の「見える」って設定ですが、
跡部様か、はたまたSPECかっ?って思いました、
この設定が、ただ、純との出会いのきっかけとして設定されたものなのか、
それとも今後の話に影響を与えていくのかも、
興味が尽きないところです。
っていうか、今のところ愛は、不気味です・・・

それで城田君ですが、
今週はちょっとだけしか出番がなく、「ああ・・・」って思いましたが、
次週予告ではどうやら、
純にキスをし(ようとし)ているような!!!
来週も見逃せないっ!

それで「純と愛」のHPですが、
「フォトログ・リレー」というのが始まり、
第1回は城田君です、
純役の夏菜さんと、どうやらコントのコンビになってしまっているようで・・・(爆笑)


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。なおこの先は、15歳未満の方はお読みになりませんよう、お願いします。


 

続きを読む >>
22:47 | 八重葎95・ハンガリー狂詩曲 第2番 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
カゴプリでもお誕生会

 それでね、SQの11月号なんですけど、
今回はセンターカラーになっているっているのは知ってたから、
またもや軽く(いや、実を言うと、例によってかなり)期待していたんですよ、
でも、やっぱり期待してはいけなかった、
白石です。
いいですよ、白石、カッコいいしね、人気もあるしね。
ぬかきみも白石は嫌いじゃない、
(でも、正直言うと、
白石が出たせいで、サエさんの出番がなくなったのではないかと、
ちょっぴり恨んでもいるけれども)
でもね、やっぱり手塚を期待していたわけですよ・・・
だって本編には出てこないから、
せめて扉ページに、って思うじゃない?

それで本編ですが、
まだ、木手&ブン太ペアのダブルスの試合は続行中です、
まぁ、展開は面白い気もします、
試合の行方はダッチ・ロール状態というか・・・(汗)

で、頼みの綱のカゴプリですが、
今月の話は、各校合同で10月生まれのお誕生会を開催する、という話で、
おかげさまで手塚も出ます、
しかも、跡部様と同じコマ率高し。
でも、同じコマに、ちょくちょく田仁志もいるんですけどね・・・


〈おことわり〉
※こちらのブログ内の記述は、額田王の勝手な妄想を語ったものであり、原作の許斐先生や出版社・アニメの放送局などとは一切関係ありません。内容にはBL要素も含みますので、ご理解いただけない方はお読みになりませんよう、お願いします。お読みになって嫌悪感を抱かれましても、責任を負いかねますので、ご自分の責任でご判断ください。



続きを読む >>
22:33 | 八重葎95・ハンガリー狂詩曲 第2番 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ハンガリー狂詩曲 第2番

 跡部様、お誕生日おめでとうございます。

私たちの手塚に変わらぬ愛と忠誠を誓ってくださっている跡部様こそ、
手塚のパートナーとしてふさわしいお方だと信じております。
どうぞこれからも、手塚を大事にしてあげてくださいませ。

ああ、今年もやってまいりました、
跡塚お誕生日祭。
昨年から仕事量がぐっと増えてしまったぬかきみは、
ほとんど話を書く時間もなく、ただ日記のみを更新するサイトになり果てておりますが、
それでも、やっと、話を一つだけ、
このお祭に間に合わせることができました。

タイトルは「ハンガリー狂詩曲  第2番」。
ええ、言わずと知れた、F.リストの超有名曲です、
ほら、あの「トムとジェリー」でも、この曲をトムがピアニストになって演奏する話がありましたよね〜、
ぬかきみ、この話が大好きで、
子供心に名作だと思っておりましたが、
今、ニコ動で見ることができるんですね〜、
久しぶりに見て、感激を新たにしました。

この曲は、最初は趣深く始まるんですが、
気がつくとめくるめく曲展開に巻き込まれますよね♪
そんな感じの話を作ったつもりなんだけど、
うまくいっているかどうか・・・(汗)

ちなみに、二人の誕生日には全く関係ありません。
それと、リストの曲を取り上げ、
しかもチャリティ・コンサートを開催するという話です、
そこからもお気づきになるかと思うのですが、
実はこれは、昨年(=リストのメモリアル・イヤーだった)の跡部様のお誕生日用に書き始めたものです、
それが今頃、やっと公開できるという・・・(大汗)

時間がかかった割にはアレ、ですが、
お暇でしたら・・・




 

続きを読む >>
23:17 | 八重葎95・ハンガリー狂詩曲 第2番 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--